Action! × 工学院大学

工学院大学って、どんな大学?

探求心を持った人たちが集まるところ。
ものづくりに心惹かれる人が集う場所。
テクノロジーで社会課題に立ち向かう場。

一言では表しきれません。
でも、「工学院大学らしさ」はきっとある。

テクノロジーとものづくりの力を信じて、
どんな状況にも負けず、ひたむきに全力で楽しむ仲間がいます。

Action!をキーワードに、そんな「工学院大学らしさ」を伝えます。



#Action! 1根性と数式で飛ぶ鳥人間

Cast. 鳥人間プロジェクト

2017年以来、4年ぶりの鳥人間コンテスト出場。コロナ禍で準備が思うように進まず、大会に出場経験のある先輩たちの多くが卒業した状況でも、基礎から一歩ずつ根気よく取り組み、大会出場にこぎつけました。機体製作に全力を注いでいる学生たちが、大会への意気込みを語ります!


#Action! 2建築学部でお店屋さんごっこ

Cast. 建築デザイン学科 塩見研究室

インテリアデザインを学ぶ12人の学生が、中目黒を舞台に、個性豊かなお店を建築模型で提案しました。建物・インテリアデザイン・業種・サービス・コンセプトまでをすべて学生が決め、各々の建築模型に詰め込んでいます。
2021年5月、晴れてオープンしたとっておきのお店をご覧ください!


#Action! 3東京産ハチミツでものづくり

Cast. みつばちプロジェクト

新宿キャンパスと八王子キャンパスで養蜂をしているみつばちプロジェクト。近年は、「Science Create Project」と協同で、原材料にハチミツを使った入浴料やハンドクリームを製品化。ハチミツ本来の保湿効果や甘い香りにこだわったものづくりで、自然の恵みを届けます。


#Action! 4藻に潜むお宝を探せ

Cast. 生物資源化学研究室

生物資源化学研究室では、バイオ燃料や美容・健康など、微細藻類を人々の暮らしに幅広く役立てる研究を行っています。「植物プランクトン」とも呼ばれる微細藻類の99.9%は、まだ研究対象となっていない未知の微生物です。それらをさまざまな環境から探索し、新しい微生物利用技術の開発を試みています。


#Action! 5ソーラーカーで世界に挑戦

Cast. 工学院大学ソーラーチーム

工学院大学ソーラーチームは、「100年後の未来を考えた地球の持続的利用」を理念に掲げ、太陽光のみを動力源とするソーラーカーを開発しています。車両の開発・設計から製作、レースでの走行まで、すべて学生が主体。2019年には、オーストラリアで開催された世界大会に参戦し、第5位に入賞しました。
2021年8月には同じ5号機「Eagle」で、国内大会5連覇(隔年出場)を目指します!


#Action! 6With コロナの暮らしをデザイン

Cast. WA-K.pro

建築系学生プロジェクトWA-K.pro(ワークプロ)が、「Withコロナの暮らしをデザインする」をテーマに、段ボール製の家具・製品を開発しました。
在宅勤務やオンライン授業に役立つ「Home Office」は、狭い空間でも簡単に設置でき、仕事場と家族との暮らしの空間を遮ることができるダンボール製の半個室。細部にまでこだわった設計で、屋根の隙間から光が落ちるため、まるで秘密基地のような落ち着く空間です。


#Action! 7効率も、安らぎも。空間で楽しむ図書館

八王子キャンパスの図書館は、集中して自習する空間、仲間と相談し合う空間、読書をゆったり楽しむ空間など、さまざまな用途に合わせてデザインされています。インテリアを専門とする教授が厳選した個性的な椅子たちが、創造性を刺激します。


次のAction!の主役は、あなたです。
#Action #kogakuin