機械理工学科

先進工学部

機械理工学科

社会が抱える課題をグローバルな視点で捉え解決する

入学定員
65名
キャンパス
八王子キャンパス(1・2年次)
新宿キャンパス(3・4年次)
※4年次は所属する研究室によってキャンパスが異なります。

学びのキーワード

数学や物理などの基礎学力と工学の基礎知識を応用して、グローバルな規模で社会的、工学的課題を解決する能力を身につけます。異なる知識・文化・習慣を持つ人々と円滑にコミュニケーションがとれ、国際的な視野で活躍できる技術者を育成します。

【キーワード】機械/デザイン/医療/航空宇宙/エコエネルギー/コンピュータサイエンス/燃料電池/マイクロ加工/精密計測/新材料/医療機器/画像処理/電子回路/複合材料/MOT(技術経営)/産学連携/生産技術/人工臓器/ニューラルネットワーク/エラストマー

学びの領域

将来の進路

  • 大学院修士課程
  • 自動車産業
  • 電機産業
  • 電子制御関連など

資格取得の優遇措置がある資格・免許

資格取得の優遇措置がある資格・免許

◎社会貢献活動支援士
□設備士
▲技術士補
◆中学校教諭一種免許状
◆高等学校教諭一種免許状
◆学芸員
※建築設備士

◎:所定の科目を修得することにより、受験資格が得られる。
□:卒業後、受験資格が得られる
▲:卒業することにより、第一次試験が免除され、
  同時に修習技術者の資格を得、申請により技術士補の資格が得られる
◆:教職課程履修者、学芸員課程履修者
※:卒業後、2年以上の実務経験で、受験資格が得られる。

Real Voice
平山智之さん
GRADUATE

機械工学専攻

平山智之さん

車載機器のジェスチャー操作によって脇見運転による事故の防止に貢献

研究テーマを探るなかで着目したのが、交通事故の原因としてオーディオやカーナビなどの操作による脇見運転が多い現状です。そこで、こうした事故の減少に向けて、ジェスチャーによって車載機器の操作を可能にするインターフェイスの研究開発に取り組みました。めざしたのは、手や指の動きからコンピュータを操作できるデバイスを用いた、手元や画面を見ずに操作できるシステムの実現。プログラミングに初めて挑戦するなど、手探りの研究活動でしたが、失敗しても取り組み続けることで問題解決への粘り強さが身につき、自分の将来に向けての確かな自信になりました。

先進工学部のその他の学科

工学院大学入試サイト(http://www.kogakuin.ac.jp/admissions/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

対応ブラウザ

Chrome

Google Chrome

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Freifox

FireFox

Windowsバージョン33以上
Macintoshバージョン33以上

Safari

Safari

Windowsバージョン38以上
Macintoshバージョン38以上

Internet Explorer最新版

Internet Explorer

Windowsバージョン10以上