応用化学科

触媒化学研究室

八王子キャンパス 研究室ホームページはこちら

人と地球にやさしいものづくりを支える触媒をつくる

主な研究テーマ

  • 植物油脂の水素添加のための低トランス脂肪酸触媒
  • 廃食用油からのバイオディーゼル燃料合成触媒
  • マイクロミキサーを用いた触媒調製

キーワード

触媒設計 / トランス脂肪酸 / バイオディーゼル燃料

指導教員

奥村 和 教授 / 飯田 肇 講師

研究内容紹介

反応物質と「触(ふ)」れて、化学反応の「媒(なかだち)」をする触媒は、生活必需品であるプラスチック、合成繊維、医薬品、洗剤などをつくったり、自動車の排ガスをきれいにしたり、あらゆるところで演劇の舞台の黒子のように陰で大活躍しています。私たちは、食の安全や環境を守るために、植物油脂を加工する際に生成するトランス脂肪酸を減らす触媒や廃食用油からバイオディーゼル燃料をつくる触媒などの研究について取り組んでいます。また、それらの触媒の機能を高めるために、新しい触媒のつくり方についても取り組んでいます。

工学院大学の情報を探す FIND INFORMATION