応用化学科

応用化学科

応用化学科の特徴

「くらし」を支え「みらい」を拓く

基礎科目を土台として化学の専門性を磨くとともに、ものづくりの素養も修得。くらしに密着した食品・バイオや未来の次世代エネルギー素材など、化学の力で課題に取り組み、幅広い産業分野で活躍できる化学技術者・研究者を育成します。

【キーワード】セラミックス/高分子/触媒/食品/ナノサイエンス/界面特性/触媒設計/ナノテクノロジー/無機先端材料/分子構造解析/熱伝導材料/タンパク質科学/植物機能/高機能ガラス/バイオアッセイ/燃料電池/濡れ性/不均一系触媒/食品素材/有機機能材料
学びの領域

社会につながる工学院大学の学び

応用化学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
自然科学の歩き方
○微分
○積分
○偏微分
重積分
微分・積分演習
偏微分・重積分演習
線形代数 1
線形代数 2
線形代数 3
線形代数 4
○物理学 1
物理学 2
物理学実験
物理学演習
○化学 1
○化学 2
化学実験
○生物学
○地学
地学実験
○情報処理入門
情報処理演習
専門基礎科目
○応用化学概論
○無機化学 I
○有機化学 I
○生物化学 I
○物理化学 I
○分析化学 I
学部共通基礎科目
生命化学概論
環境化学概論
有機化学基礎
応用物理学序論
機械理工学概論
地球環境工学
物理数学
回路理論 I
プログラミング論 I
工学基礎英語1
工学基礎英語2
実験系
応用化学基礎実験
演習系
○物理化学演習 I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
地学実験
専門基礎科目
○無機化学 II
○有機化学 II
○生物化学 II
○物理化学 II
△分析化学 II
△無機化学 III
△有機化学 III
△生物化学 III
△物理化学 III
実験系
△有機化学実験
△分析化学実験
△物理化学実験
△生物化学実験
演習系
物理化学演習 II
無機化学演習
有機化学演習
B群
くらしと化学
安全化学
化学工学基礎
物理化学概論
無機・有機材料概論
真空応用機器
微細加工技術
機構学及び機械要素
物理学総論
応化物理学実験
化学総論
生物学総論
知的財産権法

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
実験系
△応用化学実験 A
△応用化学実験 B
△応用化学実験 C
△応用化学実験 D
A群
化学工業の魅力
化学者のためのプロセス工学
化学者のための機械工学
機器分析
有機化学工業
量子化学
電気化学
化学者のための電気計測
高分子合成化学
無機固体化学
表面工学
高分子物理化学
触媒設計
機能性先端材料
錯体化学
薬品分析化学
栄養化学
界面化学
公衆衛生学
食品化学
微生物学
B群
応化生物学実験
生体物質代謝
創薬化学
免疫化学
生物物理化学
酵素化学
遺伝子工学
鉱物と結晶
実務のための知的財産権
学外研修

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
実験系
○応用化学特別実験
卒業
○卒業論文
B群
微生物実験
労働法規
【2016年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

◎社会貢献活動支援士
●毒物劇物取扱責任者
◇食品衛生管理者 ◇食品衛生監視員
□危険物取扱者(甲種) □設備士
◆中学校教諭一種免許状
◆高等学校教諭一種免許状
◆学芸員

◎:所定の科目を修得することにより、受験資格が得られる。
●:卒業と同時に資格取得
□:卒業後、受験資格が得られる
  (危険物取扱者(甲種)は、在学中でも所定の条件を満たせば受験資格が得られる)
◆:教職課程履修者、学芸員課程履修者
◇:所定の科目を修得することで資格を取得できる

卒業後の進路

化学系学科の主な就職先(2016年3月卒業生)

アステラス製薬(株)、いすゞ自動車(株)、井村屋グループ(株)、(株)NSD、北つくば農業協同組合、クラレノリタケデンタル(株)、独立行政法人国立印刷局、コニカミノルタジャパン(株)ヘルスケアカンパニー、第一生命保険(株)、大成ラミック(株)、DIC(株)、(株)東急コミュニティー、東京応化工業(株)、(株)東京めいらく、(株)東芝、東芝プラントシステム(株)、日産自動車(株)、日本ケミコン(株)、日本発条(株)、(株)日立システムズ、(株)日立パワーソリューションズ、(株)日立パワーデバイス、富士通エレクトロニクス(株)、フジパングループ本社(株)、フジフーズ(株)、富士紡ホールディングス(株)、(株)堀場製作所、矢崎総業(株)、(株)吉野工業所、わらべや日洋(株)
【公務員】茨城県警察、宮城県市町村役場、埼玉県市町村役場

化学系学科業種別就職割合

(2016年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 鈴木愛香音さん
    応用化学科
    鈴木愛香音さん

    しっかり身につく実験技術がこれからの研究への自信に

    1年次の実験では、今後の学びに必須の実験技術を修得します。実験内容も扱う機器も高校時代に比べてかなり高度になり、例えば薬品の重量を計測する際に用いた「精密分析天びん」の高い精度には驚きました。また、幅広い分野の基礎知識を吸収して、研究への新たな発想力や問題解決能力を養いたいです。
  • professor 山田昌治
    応用化学科 学科長
    山田 昌治 教授

    化学の理論をあらゆる分野に応用し
    より良いくらしと未来につなぐ

    化学は現代のくらしと密接に関係しています。例えば化粧品一つ取っても、染料や香料、ポリマー、タルク、セラミックス、界面活性剤といった化学製品の結集であり、食品や衣服、医療器具や自動車まで、あらゆるものに化学の力が不可欠です。そうした多様な応用ができるのも基礎があってこそ。そのため本学科では、5つの化学の基礎学力をしっかりと固めることを重視しています。また豊富な実験科目を通して、分析や合成など、汎用性の高い手法が身につくことも特色といえるでしょう。化学を自在に使いこなし、幅広い産業分野で活躍できる人を育て上げます。