応用物理学科

応用物理学科

応用物理学科の特徴

物理の発想で工学の新たな可能性を拓く

応用物理学科では、知の根源である「物理」から新たな工学を生み出すことのできる人材の育成を目指します。物理学と工学を融合した学びの中で、専門領域を超える柔軟な発想力と実践的な研究開発能力を持ったエンジニアを育成します。たとえば、物理学と化学、物理学と生物学、物理学と科学、物理学とナノテクノロジー、物理学とエレクトロニクスが融合した分野など、多岐にわたる研究室での学びを通じ、将来、産業界あるいはアカデミックな世界で活躍できるエンジニアを育成します。

【キーワード】量子エレクトロニクス/光エレクトロニクス/結晶工学/計測工学/有機分子・バイオエレクトロニクス/誘電体・磁性体材料/固体物性/機能性酸化物/PM2.5 /振動・波動センシング/半導体/星・惑星形成/ヒッグス粒子/電波観測/宇宙論/情報理論/顕微鏡/光物性/高エネルギー物理/素粒子理論
学びの領域

社会につながる工学院大学の学び

応用物理学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

学科長からのメッセージ

学科長から皆さんへ

研究室紹介

カリキュラム

応用物理学科では、物理学を中心とする学際分野に関わる産業で活躍する技術者、およびこの分野の発展に寄与する研究者の養成を目指します。このため、低学年では数学、物理学をはじめとして、化学、生物学など幅広い基礎知識・基礎学力を養います。
カリキュラムの概要を開く/閉じる
このため、低学年では数学、物理学をはじめとして、化学、生物学など自然科学に関する幅広い基礎知識を身に付け、基礎学力を養います。高学年では、1.物理・応物一般領域、2.物性・材料領域、3.物理情報計測領域、および4.エレクトロニクス領域の4つの領域に属する専門科目から、各自の目的や目標に適う科目を選択し履修することになります。選択の仕方に制限はありません。上記の4つの領域から1つの領域を集中して学修したり、4つの領域を幅広く学修したりするなど、様々な学修パターンを選択することができます。必修科目は必ず、選択必修科目は条件に従い必ず履修しなければならない科目です。そして、選択科目は自ら選んで履修できる科目です。1年次では、上に挙げた4つの領域を学ぶために必要となる「数学、物理学、化学、生物学、地学」などを幅広く学びます。2、3年次では、「電磁気学I、II」、「量子物理学」などの必修科目、「確率統計学」、「熱・統計力学」、「固体物理学I、II」、「半導体工学I、II」などの選択必修科目と共に、4つの領域に属する専門科目から、各自の目的や目標に適う科目を選択し履修します。
  1. 物理・応物一般領域 「現代物理学」、「応用力学II」、「量子化学I、II」、「統計物理学」、「宇宙・惑星科学」、「素粒子物理学」、「現代宇宙論」
  2. 物性・材料領域 「磁性体・誘電体材料」、「表面物理」、「光物性」、「無機・有機材料入門」、「物理化学入門」
  3. 物理情報計測領域 「真空工学」、「結晶構造解析学」、「応用計測」、「幾何光学」
  4. エレクトロニクス領域 「ナノエレクトロニクス」、「光・量子エレクトロニクス」、「通信方式」、「デジタル信号処理」、「デジタル電子回路」、「アナログ電子回路」
この他に、実験や演習などの科目があります。これらの講義、実験や演習の受講を通じて、自分の取り組みたい分野や挑戦する価値のある分野を見出します。4年次には、それぞれ研究室に配属され卒業研究を行います。3年次までに修得した知識を活かし、また足りない部分は自ら主体的に学び、4年間の集大成となる卒業論文の執筆を行います。
○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
自然科学の歩き方
○微分
○積分
○偏微分
○重積分
微分・積分演習
偏微分・重積分演習
○線形代数 1
○線形代数 2
線形代数 3
線形代数 4
○物理学 1
○物理学 2
○物理学実験
○物理学演習
○化学 1
○化学 2
化学実験
○生物学
生物学実験
○地学
地学実験
○情報処理入門
○情報処理演習
専門基礎科目
幾何学 I
△複素関数論
○物理数学
○回路理論 I
○応用物理学序論
プログラミング論 I
学部共通基礎科目
生命化学概論
有機化学基礎
応用化学概論
環境化学概論
機械理工学概論
無機化学 I
有機化学 I
物理化学 I
分析化学 I
生物化学 I
地球環境工学
工学基礎英語1
工学基礎英語2

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
専門基礎科目
幾何学 II
△確率統計学
△数値計算法
○電磁気学 I
△電磁気学演習 I
○回路理論 II
○応用力学 I
△物理計測
△熱・統計力学
○量子物理学
△半導体工学 I
プログラミング論 II
プログラミング演習 I
プログラミング演習 II
A群
現代物理学
応用力学 II
無機・有機材料入門
物理化学入門
真空工学
ナノエレクトロニクス
デジタル電子回路
アナログ電子回路
○応用物理実験 I
○応用物理セミナーA
物理学教育実験
B群
無機・有機材料概論
物理化学概論
真空応用機器
微細加工技術
安全化学
くらしと化学
化学工学基礎
機構学及び機械要素
知的財産権法
実務のための知的財産権

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
生物学実験
地学実験
専門基礎科目
代数学
○電磁気学 II
△電磁気学演習 II
△固体物理学 I
△固体物理学 II
△半導体工学 II
情報理論
制御工学
A群
量子力学 I
量子力学 II
統計物理学
宇宙・惑星科学
素粒子物理学
現代宇宙論
磁性体・誘電体材料
表面物理
光物性
結晶構造解析学
応用計測
幾何光学
光・量子エレクトロニクス
通信方式
デジタル信号処理
○応用物理実験 II
○応用物理実験 III
○応用物理セミナー B
○応用物理セミナー C
学外研修

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
A群
○卒業論文
B群
労働法規
【2016年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

□設備士
◆中学校教諭一種免許状
◆高等学校教諭一種免許状
◆学芸員

□:卒業後、受験資格が得られる
◆:教職課程履修者、学芸員課程履修者

卒業後の進路

大学院修士課程、電気・電子機器関連メーカー、応用物理学の領域であるエレクトロニクス、機械関連業界や情報機器関連業界、教員など

交通広告

京王線ドア横ポスターシリーズ

“工学院大学の研究活動は明日と未来を創造します”をコンセプトに、本学を紹介する京王線ドア横ポスターシリーズを展開しています。

京王線ドア横ポスターシリーズ


【掲出期間:2014.11.16-2015.01.15】第15弾は、2015年4月開設の先進工学部応用物理学科の研究室を取り上げました。2014年度のノーベル物理学賞は、青色発光ダイオード(LED)を開発した日本人3氏に決定しました。本学でも、集積化LEDの実現に向けて、日々、研究を行う研究室があります。
第15弾は、光と電子を操り情報化社会の快適をリードするフォトニクス研究室 本田 徹教授(先進工学部 応用物理学科)を紹介しました。

連動企画「ラボから覗いた未来」でも本田教授の研究を詳しく紹介しています。

ラボから覗いた未来

入学予定者の方へ

応用物理学科合格者専用ページ

Real Voice

  • professor 斎藤 秀俊
    応用物理学科 学科長
    斎藤 秀俊 教授

    工学を根本から見つめ、
    物理を実社会で活用するための学科です

    応用物理学とは、工学と物理の融合です。例えば機械や電気の領域でも、その原理である物理から見つめ直すことで、新たな発展が可能になります。本学科では物理を応用して、世の中の現象を説明したり、今までにない新しいものを生みだす工学者を育てます。大学院を含め6 年一貫で学ぶことを推奨しており、将来はフレキシブルな発想や学際的な融合ができる研究開発者としての活躍が期待できます。また純粋に物理を探究したい方や教員をめざす方にもプログラムを用意しています。あなたの物理や数学への高い関心を、実社会に応用する力に変えていきましょう。