生命化学科

生物資源化学研究室

八王子キャンパス 研究室ホームページはこちら

人に役立つバイオリファイナリーの創出

主な研究テーマ

  • バイオ燃料・カロテノイドの生産
  • 微生物由来生理活性物質の探索
  • バイオマスの有効利用法の開発 

キーワード

微生物 / 機能性食品 / 生理活性物質 / バイオのセンサ

指導教員

阿部 克也 准教授 / 油井 信弘 准教授

研究内容紹介

例えば、微生物には、乾燥・高温・栄養飢餓などの厳しい環境下で生き抜いている光合成生物(気生微細藻類)がいます。その微生物には計り知れない潜在能力があり、生物の生き様を探る上で重要なテーマが秘められています。私たちはそのような微生物の能力を見極め、バイオ燃料やカロテノイドなど有用物質の生産株として活用し、より豊かな社会をつくり出すべく努力を重ねています。地球の自然と共存して、「人に役立つバイオリファイナリー(再生可能資源の生物工学技術)の創出」をめざします。