情報デザイン学科

情報デザイン学科

情報デザイン学科の特徴

コンテンツの力で人とコンピュータの調和を実現

マルチメディアコンテンツで、人とコンピュータの調和を実現する人材を育成します。

【キーワード】
マルチメディア情報処理/感性工学/コミュニケーション支援/生体計測/福祉情報工学/知覚・認知科学
情報デザイン学科の特徴

社会につながる工学院大学の学び

情報デザイン学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
○微分
○積分
偏微分
重積分
○微分・積分演習
○線形代数学 1
○線形代数学 2
○線形代数学演習
物理学 1
物理学 2
情報物理学 A
情報物理学 B
物理学実験
物理学演習 I
物理学演習 II
○情報処理入門
化学 A
化学 B
専門基礎科目
○情報学序論
○情報数学 1
○情報数学 2
情報数学 3
情報数学 4
○情報数学演習 I
情報数学演習 II
○プログラミング 1
○プログラミング 2
○プログラミング 3
○プログラミング 4
○プログラミング演習 I
○プログラミング演習 II
○論理回路
○電気回路理論 I
○電気回路理論演習 I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
線形代数学 3
線形代数学 4
生物学基礎論
専門基礎科目
○確率・統計 I
コンピュータアーキテクチャ
データ構造とアルゴリズム
○情報学概論
情報学特別講義
○情報学実験
情報コミュニケーション英語
デザイン幾何学
科学レポートの書き方
△オブジェクト指向設計論
オブジェクト指向設計演習
○情報デザイン学実験
△応用確率・統計学
応用確率・統計学演習
コンテンツ設計
△情報ネットワーク基礎論
△CG数学
人間情報
△感覚・知覚心理学
△福祉情報学
知識情報
△画像情報処理
△音情報処理

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目
○情報技術者英語
デジタル信号処理
デジタル信号処理演習
数値計算論
英語文献講読
情報社会と情報倫理
情報デザイン先端技術
コンテンツ設計
デジタル映像基礎論
△コンピュータグラフィックス
情報ネットワーク応用論
インターネットコンテンツ設計論
インターネットコンテンツ演習
情報コンテンツと知的財産
人間情報
△生体計測工学 人体機能論
認知科学
コミュニケーション行動論
コミュニケーション行動実験
感性科学
知識情報
計算言語学
データ解析
画像認識と理解
△人工知能
データ処理演習
音声認識と理解
学外研修
○情報デザインセミナー I(PBL)
○情報デザインセミナー II(PBL)
情報と職業

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
○卒業論文(PBL)
情報と職業
【2016年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

◎社会貢献活動支援士
■設備士
◆中学校教諭一種免許状(数学)
◆高等学校教諭一種免許状(数学/情報)
◆学芸員

◎:所定の科目を修得することにより、受験資格が得られる
■:卒業後、受験資格が得られる
◆:教職課程履修者、学芸員課程履修者

卒業後の進路

主な就職先(2016年3月卒業生)

いすゞ自動車(株)、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、NECネッツエスアイ(株)、NECフィールディング(株)、エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ(株)、(株)NTT-ME、(株)関電工、(株)協和エクシオ、KDDI(株)、水ing(株)、(株)セブンーイレブン・ジャパン、(株)東急コミュニティー、東京地下鉄(株)、東芝デジタルメディアエンジニアリング(株)、東芝テック(株)、凸版印刷(株)、西日本旅客鉄道(株)[JR西日本]、日本コムシス(株)、日本郵便(株)、(株)野村総合研究所、東日本旅客鉄道(株)[JR東日本]、(株)日立公共システム、(株)日立産業制御ソリューションズ、(株)日立システムズ、日立情報通信エンジニアリング(株)、(株)日立製作所、(株)日立パワーソリューションズ、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、富士ソフト(株)、富士通ネットワークソリューションズ(株)
【公務員】官庁[国家公務員]、警視庁(東京都警察)、青森県市町村役場

情報系学科業種別就職割合

情報系学科業種別就職割合

(2016年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • student 町田 亮さん
    情報デザイン学科
    町田 亮さん

    講義の内容を実験で再確認幅広い基礎力が身につきます

    「情報学実験」では、毎回異なるテーマで実験が行われます。1年次に基礎を学んだ論理回路や情報数学の復習になり、また同時期に習う音情報や画像情報とも密接に関連する興味深い学びです。実験後には考察をまとめるレポート課題が出されます。最初は苦手意識もありましたが、細かく改善点をご指摘いただき、卒論に向けて正しい論文の書き方が身につきました。
  • student 門倉由佳さん
    情報デザイン学科
    門倉由佳さん

    実社会と結びつく、
    コンピュータの多様な可能性を知った

    これまで築いた知識をベースに、3年次になると人や社会とつながるコンピュータの応用技術を具体的に学べます。ときには先端分野で活躍する専門家の方々をゲストに招き、業界の現状や未来について講義を受けることも。情報社会の中で、自分の知識や技術をどう伸ばしていくか、考えるきっかけになりました。
  • graduate 土田泰平さん
    情報デザイン学科卒
    土田泰平さん

    人間の脳と対峙する
    じゃんけんソフトの開発に取り組む

    一般的にじゃんけんの勝率は3 分の1ですが、コンピュータと人を対戦させて、その勝率を高めるプログラムの作成が私の研究テーマです。一番の課題は、柔軟な人間の脳の特性を、どのようにコンピュータに解析させ学習能力を持たせるかということ。文献を読んだり、インターネット上にある類似ソフトのオープンソースを見たり、先生のアドバイスをいただき新しい手法を取り入れながら、パソコンと格闘しました。日々プログラムを進化させ、最終的に勝率を1 割高める成果を出せた時は、大きな達成感を得ました。粘り強く目標に向かうという、仕事に携わるうえで必要な姿勢を、研究への取り組みを通して養えたと実感しています。