コンピュータ科学科

生体情報処理研究室

新宿キャンパス

脳をもっとよく知ることでもっと社会をくらしやすくしよう

主な研究テーマ

  • ブレイン─マシンインタフェースの開発
  • 事象関連電位解析による言語理解メカニズム解明
  • インターネットにおける協調行動の研究

キーワード

脳科学 / 脳情報通信 / コミュニケーション

指導教員

田中 久弥 教授

研究内容紹介

脳波の計測・処理で脳の認知メカニズムを解明し、次世代の情報通信ユーザーインタフェース開発に役立てる研究をしています。例えば、帽子のような装置で脳とコンピュータを直結する「ブレイン─マシンインタフェース」が実現できれば、ただ考えるだけで機械の操作を実現。身体の不自由な人の日常を一変させることが可能になります。また、脳波の一成分である「事象関連電位」を計測し、映像・音声の意味が理解されるしくみが解明できれば、理解されやすい映像・音声づくりが進み、くらしやすい社会づくりに貢献できます。