コンピュータ科学科

コンピュータ科学科

コンピュータ科学科の特徴

コンピュータシステムで安全な情報社会をめざす

ソフトウェア開発とコンピュータ応用、セキュリティ管理のエキスパートを育てます。

【キーワード】
情報セキュリティ/暗号理論/ソフトウェア工学/数値シミュレーション/音響・信号処理/画像探索
コンピュータ科学科の特徴

社会につながる工学院大学の学び

コンピュータ科学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
○微分
○積分
偏微分
重積分
○微分・積分演習
○線形代数学1
○線形代数学2
○線形代数学演習
物理学1
物理学2
情報物理学A
情報物理学B
物理学実験
物理学演習 I
物理学演習 II
○情報処理入門
化学A
化学B
専門基礎科目
○情報学序論
○情報数学 1
○情報数学 2
情報数学 3
情報数学 4
○情報数学演習 I
情報数学演習 II
○プログラミング1
○プログラミング2
○プログラミング3
○プログラミング4
○プログラミング演習 I
○プログラミング演習 II
○論理回路
○電気回路理論 I
○電気回路理論演習 I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
線形代数学3
線形代数学4
生物学基礎論
専門基礎科目
○確率・統計 I
コンピュータアーキテクチャ
データ構造とアルゴリズム
微分方程式
○情報学概論
情報学特別講義
○情報学実験
情報コミュニケーション英語
科学レポートの書き方
○コンピュータ科学序論
計算幾何学
統計解析学
離散数学
△情報理論
○コンピュータ科学実験
A区分【コンピュータ応用】
信号処理演習
△数値計算法概論
△信号処理概論
△データベース論
B区分【ソフトウエア設計】
△OS基礎論
△プログラミング言語基礎論
△モバイルコンピューティング
C区分【セキュリティ】
△情報ネットワーク論

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目
情報処理技術概論
○情報技術者英語
英語文献講読
情報社会と情報倫理
A区分【コンピュータ応用】
△情報社会論
△音響工学基礎
△画像工学基礎
△並列・分散システム
△計算数理
科学技術シミュレーション
組み込みシステム
組み込みシステム演習(PBL)
応用音響処理
応用画像処理
最適化論
B区分【ソフトウエア設計】
△オブジェクト指向プログラミング オブジェクト指向プログラミング演習(PBL)
△ソフトウェア工学 I インターフェース論
webシステム演習(PBL)
ソフトウェア工学 II
C区分【セキュリティ】
△セキュアシステム
セキュアシステム演習(PBL)
セキュリティ構築運用実務
△暗号理論
セキュリティ監査
学外研修
○コンピュータ科学セミナー I(PBL)
○コンピュータ科学セミナー II(PBL)
情報と職業

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
C区分【セキュリティ】
知的財産
○卒業論文(PBL)
情報と職業
【2016年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

◎社会貢献活動支援士
■設備士
◆中学校教諭一種免許状(数学)
◆高等学校教諭一種免許状(数学/情報)
◆学芸員

◎:所定の科目を修得することにより、受験資格が得られる。
■:卒業後、受験資格が得られる
◆:教職課程履修者、学芸員課程履修者

卒業後の進路

主な就職先(2016年3月卒業生)

いすゞ自動車(株)、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、NECネッツエスアイ(株)、NECフィールディング(株)、エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ(株)、(株)NTT-ME、(株)関電工、(株)協和エクシオ、KDDI(株)、水ing(株)、(株)セブンーイレブン・ジャパン、(株)東急コミュニティー、東京地下鉄(株)、東芝デジタルメディアエンジニアリング(株)、東芝テック(株)、凸版印刷(株)、西日本旅客鉄道(株)[JR西日本]、日本コムシス(株)、日本郵便(株)、(株)野村総合研究所、東日本旅客鉄道(株)[JR東日本]、(株)日立公共システム、(株)日立産業制御ソリューションズ、(株)日立システムズ、日立情報通信エンジニアリング(株)、(株)日立製作所、(株)日立パワーソリューションズ、(株)日立ソリューションズ・クリエイト、富士ソフト(株)、富士通ネットワークソリューションズ(株)
【公務員】官庁[国家公務員]、警視庁(東京都警察)、青森県市町村役場

情報系学科業種別就職割合

情報系学科業種別就職割合

(2016年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

Real Voice

  • graduate 大澤圭佑さん
    コンピュータ科学科
    大澤圭佑さん

    振動センサのデータを活用して災害時の人命救助に役立てたい

    振動センサを用いて人の足音を検知し、災害時の避難誘導に応用できないか、チーム3人で研究しました。振動センサを貼った床を実際に走ってデータを集め、それをもとに、避難時に逃げる人の方向や速度、年齢層をモニターすれば、救助活動は格段に進化します。陸上部であることを生かし、速度の計測を担当し、振動データを波形にするプログラミングに挑戦。実験で有効なデータを取るために、最適な靴を探る試行錯誤もいい勉強になりました。研究での経験を糧に、システムエンジニアとして、いつか大好きなスポーツの分野に貢献することが目標です。
  • student 惟村恵里さん
    コンピュータ科学科
    惟村恵里さん

    複雑なコンピュータ内部を
    体感できる貴重な経験

    私たちが簡単、便利に使っている機能も、コンピュータの内部では複雑な動作が行われています。「情報学実験」では、理論で学んだ電子回路のしくみを基に、実際にコンピュータに命令を打ち込んで動作させます。壁にぶつかることもありますが、大学院生のティーチングアシスタントの方々のサポートを得て、課題を克服する達成感は格別です。
  • graduate 今野歩美
    コンピュータ科学科卒
    今野歩美さん

    ゼロから研究を立ち上げた
    試行錯誤がすべて身になります

    私は、環境騒音を低減するANC機能を持つヘッドフォンの性能比較の研究に取り組みました。 市販のヘッドフォンから6 種類を選び、騒音環境下でANC機能にどのような違いが出るか、実験室でダミーヘッドマイクロフォンを使って聞こえる音の状態をデータで収集し、分析しました。自ら選んだこのテーマは先行研究がなく、実験の手法からプログラミング作成、データ分析、さらには論文のまとめ方など、研究のための視点や考え方のすべてが貴重な経験となりました。人がもっと楽になれるコンピュータのシステムを作り上げるのが、将来の夢。大学での新しい挑戦が、今後に生かされると思います。