情報学部

学部について

情報学部とは

 情報学部は、高度情報社会に必要とされる、幅広い能力を持った人材を育成するために生まれた学部です。多様な情報であふれかえる現代社会の中で安全、快適に社会生活を送るには、情報コミュニケーション技術(ICT)が不可欠であり、あらゆる分野、場面で情報学とその関連分野が重要となっています。しかしながら、情報社会を支える技術者が不足しているのも事実です。このような社会の状況に対して、情報学部では実際の問題解決を通して学ぶ授業形態(PBL)や実験、演習などを積極的に取り入れた授業を行います。
情報通信工学科では、生活の利便性向上に寄与し地球規模での環境に優しい情報通信社会を実現するために、通信工学をベースとしたネットワーク技術、情報伝送に係わる情報メディア技術、省エネルギーと使い勝手に優れたスマートデバイス技術について、その動作原理から応用システムまで幅広く学修します。
コンピュータ科学科では、便利で安心安全な高度情報社会を実現するために、日々進化を続けるコンピュータシステムを使いこなすための、ソフトウェア開発、情報セキュリティ、コンピュータ応用の基盤技術を学修します。
情報デザイン学科では、人や産業・社会基盤に関わる様々な情報分野において、新しい付加価値を創造し、社会が求める「人に優しい情報技術」を提供できるように、人間情報、知識 情報、コンテンツ設計分野に関わる技術を学修します。
システム数理学科では、実社会における課題を汎用的かつ創造的に解決する能力を修得することを目的に、必要なデータ科学(統計学、人工知能等)、情報インフラ(データベース、Web プログラミング等)、経営情報(企業システム、経済学等)の各分野における専門知識と活用方法を学修します。
学部卒業後は、ぜひ大学院へ進学し研究をさらに深く追究することを推奨します。学部卒業後あるいは大学院修了後は、情報ネットワークの構築、情報処理システムの構築、大規模ソフトウェアの設計、セキュリティ、デジタルコンテンツの制作、経営マネージメント等あらゆる分野での活躍が期待されています。 

3つの特色

特色1 短い学修サイクルで着実に学び進めるクォーター制

年を4期に分けるクォーター制を採用。短い学修サイクルで学生一人ひとりの理解度をきめ細かく確認し、完全に理解できるまでフォローします。また学修スピードの早い学生には内容を先取りする特別科目も用意。

特色2 情報を自在に扱える基礎の知識を徹底修得

2年次前期までは学部共通のカリキュラムを実施。全員が、情報学のベースとなる「数学」「プログラミング」を重点的に学修。基礎をしっかり固めることで、2年次後期からの各学科の多様な分野に柔軟に応用していくことができます。

特色3 幅広いニーズを受けて多様な業界に就職できる

IT産業だけでなく金融、工業、農業などあらゆる産業の中軸を担う情報のエキスパート、さらに企業の経営戦略に関わるCIO(Chief Information Officer)と呼ばれる情報のトップオフィサーなど、多様なニーズを受けて、幅広い業界への就職が可能です。

*情報学部は、受験時に学科を選ぶ出願方法に、2 年次第3クォーターに学科を選ぶことができる「情報学部総合」を加えた5つの出願方法があります。


情報学部のハイブリッド留学®