システム数理学科【2016年4月新設】

システム数理学科【2016年4月新設】

システム数理学科の特徴

情報を生かして社会や企業をリードする

企業や社会の求めるシステムを構築し、さらには経営戦略や企業情報戦略で組織をリードする人材を育てます。

【キーワード】
企業情報システム/データベース/情報イノベーション/統計解析と予測/クラウドコンピューティング/人工知能
システム数理学科の特徴

社会につながる工学院大学の学び

システム数理学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
○微分
○積分
偏微分
重積分
○微分・積分演習
○線形代数学1
○線形代数学2
○線形代数学演習
物理学1
物理学2
情報物理学A
情報物理学B
物理学演習 I
物理学演習 II
物理学実験
○情報処理入門
化学A
化学B
専門基礎科目
○情報学序論
○情報数学1
○情報数学2
情報数学3
情報数学4
○情報数学演習 I
情報数学演習 II
○プログラミング1
○プログラミング2
○プログラミング3
○プログラミング4
○プログラミング演習 I
○プログラミング演習 II
○論理回路
○電気回路理論 I
○電気回路理論演習 I

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
線形代数学3
線形代数学4
生物学基礎論
専門基礎科目
○確率・統計 I
コンピュータアーキテクチャ
データ構造とアルゴリズム
○情報学概論
情報学特別講義
○情報学実験
科学レポートの書き方
情報コミュニケーション英語
情報処理技術基礎論
○システム数理学基礎論
システム幾何学
○システム数理学実験
経営情報
△ミクロ経済学
△マーケティング概論
情報インフラ
△システム構築論
△情報ネットワーク概論
△データベース論
△Webプログラミング
Webプログラミング演習
データ科学
△多変量解析
多変量解析演習
△オペレーションズリサーチ

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目
○情報技術者英語
英語文献講読
情報社会と情報倫理
経営情報
△デジタル経済学
マーケティング演習(PBL)
△企業システム序論
応用計量経済分析演習(PBL)
情報とイノベーション
マネジメント論
△企業システム研究
情報インフラ
システム監査・テスト
△応用情報システム
△Webマイニング
応用情報システム(PBL)
クラウドコンピューティング
Webマイニング演習
データ科学
△パターン認識
パターン認識演習
△動的システム
△離散システム
△機械学習
計算知能
予測モデリング
学外研修
○システム数理セミナー I(PBL)
○システム数理セミナー II(PBL)
情報と職業

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
経営情報
情報と法
○卒業論文(PBL)
情報と職業
【2016年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

◎社会貢献活動支援士
◆中学校教諭一種免許状(数学)
◆高等学校教諭一種免許状(数学/情報)
◆学芸員
■設備士

◎:所定の科目を修得することにより、受験資格が得られる
■:卒業後、受験資格が得られる
◆:教職課程履修者、学芸員課程履修者

卒業後の進路

大学院修士課程、一般企業の情報部門、コンピュータソフトウェア業界、公務員

交通広告

京王線ドア横ポスターシリーズ

“工学院大学の研究活動は明日と未来を創造します”をコンセプトに、本学を紹介する京王線ドア横ポスターシリーズを展開しています。

京王線ドア横ポスターシリーズ

【掲出期間:2015.3.16-2015.5.15】第17弾は“ビッグデータ”の活用により「絶対に渋滞がおこらない高速道路を行動統制システムで実現する」をコンセプトに、学園創立以来、着実に受け継いできた技術を活かし、常に変化する社会のニーズに応える「新しい価値の創造」に励む学生たちの姿を表現しました。

Real Voice

  • student 慶野智也さん
    情報デザイン学科
    慶野智也さん

    私たちが担う役割と責任を改めて認識できました

    大量の情報がコンピュータに蓄積される時代。「データベース論」では、新たな操作言語を修得し、データベースを設計したり欲しい情報を的確に引き出す技術など、これからIT 業界に進む私たちに必須の知識を得ました。さらに大量のデータを扱う上での道徳倫理も学び、あるべきシステムエンジニアの姿を描けました。
  • student 松本拓馬さん
    コンピュータ科学科
    松本拓馬さん

    実践的な授業で理解した知識が
    自信になります

    データベースはやや苦手な分野でしたが、3 年次に履修した「データベース論」は演習に近いスタイルで、Webを通じて実際にデータベースに触れながらその設計や操作を学ぶため、理解が深まりました。現代社会にデータベースの活用は不可欠。実務を想定した知識と技術を身につけたことが、卒業後も大きな自信につながると思います。