大学・大学院紹介学部・学科

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

先進工学部

先進工学部における教育研究上の目的を踏まえて以下の方針で教育課程を編成し、実施します。

第I群 総合教育科目

a) 総合文化科目
自然と人間が織りなす複雑な現実社会において、幅広い教養を身につけ、健全かつ総合的な判断が下せる技術者を育成するため、選択必修科目を設置して教育します。
b) 外国語科目
国際社会で活躍できる技術者となるために不可欠な語学力を身につけるため、英語を必修科目としてスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの基礎を教育します。さらに、学生の能力、意欲に応じて特別プログラムを設け、英語によるコミュニケーション能力と批評的思考力を伸ばす環境を用意します。また、本来高等学校までに身につけるべき学力が不足する学生に対しては、学習支援センターが正課外の学習を支援します。
c) 保健体育科目
人間の生活の根幹である「身体」と「健康」を意識し、自ら健康で文化的な生活を送りながら人間社会に貢献できる技術者を育成するため、実技系の必修科目(必履修科目)を設置するほか、講義科目を含む選択必修科目・選択科目を設置して教育します。
d) キャリア支援科目
社会で活躍するために必要なコミュニケーション能力、実践力、創造力等を身につけられるよう、演習・実習等を含めた多様な経験ができる選択必修科目・選択科目を設置します。課外活動や学外での実習についても積極的に教育の一環として取り入れます。

第II群 専門共通科目

a) 共通基礎科目
先進的な工学分野の基礎となる数学、自然科学などの科目を配置し、十分な学力をつけるため必修科目および選択必修科目・選択科目を設置して教育します。なお、本来高等学校までに身につけるべき学力が不足する学生に対しては、学習支援センターが正課外の学習を支援します。
b) 専門基礎科目
先進的な工学分野の基礎となる科目、あるいは学科の専門分野の基礎となる科目であり、学科ごとに必修科目を設置するとともに、幅広い選択必修科目・選択科目を設置して教育します。
c)学部共通基礎科目
学部内の他学科のコア科目を設置し、学科横断的に学ぶ選択科目を設置して教育します。

第III群 専門科目

各学科の専門科目であり、学科ごとに全員が学ぶべき基礎的な内容について必修科目を設置するとともに、各自が卒業論文等の専門分野を意識して履修できるよう、選択必修科目・選択科目を設置します。授業形態については、演習、実習、実験科目を必修科目、選択必修科目として設置し、問題解決型の実践的な応用力が習得できるように教育します。また、卒業論文あるいはそれに相当する科目を必修科目として設置し、学部教育により習得した知識・技術を総合的・実践的に活用しながら、創造的な成果物を発表できるよう、研究室ごとにきめ細かに指導します。

工学部・グローバルエンジニアリング学部

(工学部・情報学部(2015年度入学生以前)・グローバルエンジニアリング学部共通)
各学部における教育研究上の目的を踏まえて以下の方針で教育課程を編成し、実施します。

第I群 総合教育科目

a) 総合文化科目
自然と人間が織りなす複雑な現実社会において、幅広い教養を身につけ、健全かつ総合的な判断が下せる技術者を育成するため、選択必修科目を設置して教育します。
b) 外国語科目
国際社会で活躍できる技術者となるために不可欠な語学力を身につけるため、英語を必修科目としてスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの基礎を教育します。さらに、学生の能力、意欲に応じて特別プログラムを設け、英語によるコミュニケーション能力と批評的思考力を伸ばす環境を用意します。また、本来高等学校までに身につけるべき学力が不足する学生に対しては、学習支援センターが正課外の学習を支援します。
c) 保健体育科目
人間の生活の根幹である「身体」と「健康」を意識し、自ら健康で文化的な生活を送りながら人間社会に貢献できる技術者を育成するため、実技系の必修科目(必履修科目)を設置するほか、講義科目を含む選択必修科目・選択科目を設置して教育します。
d) 自由研究科目
専攻する学問分野に関わらず、学生の主体的な知的関心・興味に応じてさまざまなテーマでゼミ形式の授業を経験できるよう、選択科目を設置します。
e) キャリア支援科目
社会で活躍するために必要なコミュニケーション能力、実践力、創造力等を身につけられるよう、演習・実習等を含めた多様な経験ができる選択必修科目・選択科目を設置します。課外活動や学外での実習についても積極的に教育の一環として取り入れます。

第II群 専門共通科目

a) 共通基礎科目
工学・情報学の基礎となる数学、物理学、化学、情報処理などの科目を配置し、十分な学力をつけるため必修科目および選択必修科目・選択科目を設置して教育します。なお、本来高等学校までに身につけるべき学力が不足する学生に対しては、学習支援センターが正課外の学習を支援します。
b) 専門基礎科目
工学・情報学全般の基礎となる科目、あるいは学科の専門分野の基礎となる科目であり、学科ごとに必修科目を設置するとともに、幅広い選択必修科目・選択科目を設置して教育します。

第III群 専門科目

各学科の専門科目であり、学科・コースごとに全員が学ぶべき基礎的な内容について必修科目を設置するとともに、各自が卒業論文等の専門分野を意識して履修できるよう、選択必修科目・選択科目を設置します。設置科目には「技術者の倫理」について学習できる科目を含みます。授業形態については、演習、実習、実験科目を必修科目、選択必修科目として設置し、問題解決型の実践的な応用力が習得できるように教育します。また、卒業論文あるいはそれに相当する科目を必修科目として設置し、学部教育により習得した知識・技術を総合的・実践的に活用しながら、創造的な成果物を発表できるよう、研究室ごとにきめ細かに指導します。

建築学部

建築学部における教育研究上の目的を踏まえて、以下の方針でA群、B群で構成される教育課程を編成し、実施する。

A群 総合教育科目

A群総合教育科目は、人間力やコミュニケーション力を養い、高める科目群である。社会や自然、人間に対して深い洞察力を持ち、健全かつ総合的な判断のできる建築関連分野の専門家を養成するための基礎となる科目である。

a) 総合文化科目
自然と人間が織りなす複雑な現実社会において、幅広い教養を身につけ、健全かつ総合的な判断が下せる技術者を育成するため、選択必修科目を設置して教育する。
b) 自然科学系科目
建築学の特に工学的な部分の基礎となる数学、物理学、化学、情報処理などの科目を配置し、十分な学力をつけるため選択必修科目・選択科目を設置して教育する。なお、本来高等学校までに身につけるべき学力が不足する学生に対しては、学習支援センターが正課外の学習を支援する。
c) 外国語科目
国際社会で活躍できる技術者となるために不可欠な語学力を身につけるため、英語を必修科目としてスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの基礎を教育する。さらに、学生の能力、意欲に応じて特別プログラムを設け、英語によるコミュニケーション能力と批評的思考力を伸ばす環境を用意する。また、本来高等学校までに身につけるべき学力が不足する学生に対しては、学習支援センターが正課外の学習を支援する。
d) 保健体育科目
人間の生活の根幹である「身体」と「健康」を意識し、自ら健康で文化的な生活を送りながら人間社会に貢献できる技術者を育成するため、実技系の必修科目(必履修科目)を設置するほか、講義科目を含む選択必修科目・選択科目を設置して教育する。
e) 自由研究科目
専攻する学問分野に関わらず、学生の主体的な知的関心・興味に応じてさまざまなテーマでゼミ形式の授業を経験できるよう、選択科目を設置する。
f) キャリアデザイン科目
社会で活躍するために必要なコミュニケーション能力、実践力、創造力等を身につけられるよう、演習・実習等を含めた多様な経験ができる選択必修科目・選択科目を設置する。課外活動や学外での実習についても積極的に教育の一環として取り入れる。

B群 専門科目

B群科目は、建築学の専門科目群であり、プロフェッショナルとして備えるべき建築学の専門力を身につけるための科目群である。このB群科目は、1、2年次に配当される専門基礎科目と3、4年次に配当される専門科目とに分けられる。
専門基礎科目は、建築学部3学科いずれにも共通のカリキュラムとなっており、ここで建築学の基礎的な科目を幅広く学ぶ。選択の自由度は小さくなっていて、必修科目が多く配当されている。これらの科目は、将来建築学に関連するどのような分野に進路を取ったとしても必ず必要となる基礎的な素養であり、また建築士資格取得のために必須のものである。
専門科目は、3学科の特徴が明確に表現されたものとなっている。3つの学科いずれにおいても、各学科の理念に対応した専門分野について、徐々に高度で深い内容へと学修を進めていく。また、個々の学生は各学科に設定された分野のどれかひとつに軸足をおいて、その分野の科目を中心に学んでいくが、さらにその分野を深く極めていくためには関連する他分野の科目をも学ぶ必要が出てくる。建築学部の教育課程ではその要請に応えるため、建築学部内の他学科科目履修を認めるなどの柔軟なカリキュラムを構築する。こうした履修を適切な個別指導によって実施することにより、より高い教育効果を上げていく。
以上のような教育課程の編成にあたっては、講義、演習、実験の各科目の内容の有機的な連携を図り、実践的に知識と経験とを身につけることができるようするとともに、履修時期の整合性を十分に考慮して科目を設置する。さらに卒業研究では、建築やまちという非常に社会性の高いものを題材とするため、より実践的なテーマ設定を行い、企業や研究機関、国や地方自治体、市民との緊密な関係を通じて、研究及び設計・提案を進められるよう、きめ細かに指導する。

情報学部

情報学部4学科における学位授与の方針および教育研究上の目的をふまえ、以下の方針で教育課程を編成し、実施する。
2年次前期までは、高度な専門技術を持ちながらも幅広い知識と教養を身につけた成人として、また将来的に「情報」に関わる専門家として必要な基礎的科目を情報学部4学科共通で学ぶための編成を行う。2年次後期からは、学科ごとにそれぞれの教育研究上の目的をふまえ、より専門性の高い教育課程を編成している。特に、専門性を身につけるための基礎となる1年半までの課程は、クォーター単位およびステップアップ制度を導入し、着実な学修が可能となるようにカリキュラムを編成している(2016年度入学生以降に適用)。
4年間でバランスを考慮した科目が設定され、以下のような各必要科目群の習得を必要とする。

第I群総合教育科目

a) 総合文化科目
自然と人間が織りなす複雑な現実社会において、幅広い教養を身につけ、健全かつ総合的な判断が下せる技術者を育成するため、選択必修科目を設置して教育する。
b) 外国語科目
国際社会で活躍できる技術者となるために不可欠な語学力を身につけるため、英語を必修科目としてスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの基礎を教育する。さらに、学生の能力、意欲に応じて特別プログラムを設け、英語によるコミュニケーション能力と批評的思考力を伸ばす環境を用意する。また、本来高等学校までに身につけるべき学力が不足する学生に対しては、学習支援センターが正課外の学習を支援する。
c) 保健体育科目
人間の生活の根幹である「身体」と「健康」を意識し、自ら健康で文化的な生活を送りながら人間社会に貢献できる技術者を育成するため、実技系の必修科目を設置するほか、講義科目を含む選択必修科目・選択科目を設置して教育する。
d)キャリア支援科目
社会で活躍するために必要なコミュニケーション能力、実践力、創造力等を身につけられるよう、演習・実習等を含めた多様な経験ができる選択科目を設置する。課外活動や学外での実習についても積極的に教育の一環として取り入れる。

第II群専門共通科目

「第?群専門共通科目」は、a)「共通基礎科目」とb)「専門基礎科目」から構成される。必修科目の一部にはステップアップ制度を導入する(2016年度入学生以降に適用)。クォーター単位での短いサイクルで科目を設定し、不合格の場合は、すぐ次のクォーターで同じ科目を受けることができる。合格した場合は、次のステップで用意された科目を受けることができる。 a) 共通基礎科目 情報学の基礎となる数学、情報処理、物理学、化学などの科目を配置し、十分な学力をつけるため必修科目および選択必修科目・選択科目を設置して教育する。情報学部4学科共通に1年次から2年次第2クォーター(2年次前期)までに同一の教育課程を編成する。なお、本来高等学校までに身につけるべき学力が不足する学生に対しては、学習支援センターが正課外の学習を支援する。 b) 専門基礎科目 工学・情報学全般の基礎となる科目、あるいは学科の専門分野の基礎となる科目である。授業形態については、演習、実習、実験科目を必修科目、選択必修科目として設置し、問題解決型の実践的な応用力が習得できるように教育する。1年次〜2年次第2クォーターまでは情報学部4学科共通履修期とし、2年次後期からは学科ごとに、幅広い選択必修科目・選択科目を設置して教育する。 第?群専門科目 各学科の専門科目であり、学科ごとに全員が学ぶべき基礎的な内容について必修科目を設置するとともに、各自が卒業論文等の専門分野を意識して履修できるよう、選択必修科目・選択科目を設置する。設置科目には「技術者の倫理」について学習できる科目を含む。また、卒業論文を必修科目として設置し、学部教育により習得した知識・技術を総合的・実践的に活用しながら、創造的な成果物を発表できるよう、研究室ごとにきめ細かに指導する。

大学院

工学院大学大学院工学研究科では、本研究科の教育研究上の目的を踏まえて、専門分野ごとに高度な研究指導、教育を行う。
修士課程では、学士課程での教育を基礎として、専攻ごとに編成された教育研究分野の授業科目を所定の単位履修し、修士論文作成や特定課題に取り組み、さらに、国内外の研究会、学会等で発表することを通じて、問題解決能力を身につけた国際社会でも活躍できる高度専門職業人を養成する。
また、博士後期課程では、本学の多様な学術研究を背景に高度な技術開発能力を養成し、先端領域を切り開く自立した高度専門職業人や研究者を育成する。

機械工学専攻

機械工学専攻では、次のような方針で、教育課程を編成し、実施します。
  1. 機械工学の主要分野を学ぶための科目を設置し、広い視野を有する技術者・研究者を育成します。
  2. 上記の中から、さらに深い専門知識を学ぶための科目を設置し、独創性を有する技術者・研究者を育成します。
  3. 広い知識と高度な専門知識を総合した研究を遂行し、未知の事柄に対して取り組み、解決する能力を有する技術者・研究者を育成します。 

化学応用学専攻

 化学応用学専攻では、次のような方針で教育課程を編成し、実施します。
  1. 化学分野における専門知識を深く修得するとともに、学位論文の作成によって化学技術に関する問題解決能力を身につけた技術者・研究者を育成します。
  2. 研究成果を国内さらには海外での学会で発表することによって、国際的にも通用するコミュニケーション能力を持った人を育成します。

電気・電子工学専攻

電気・電子工学専攻では、次のような方針で教育課程を編成し、実施します。
  1. 電気・電子・情報通信工学分野における新たな課題を発見し、問題の解決能力を有する技術者を育成します。
  2. 電気・電子・情報通信工学の高度な専門科目について学び、副指導教員も含めた多角的な教育及び研究指導により、広い視野と独創性をもった技術者・研究者を育成します。
  3. 外国語によるプレゼンテーションも含めたコミュニケーション能力を有する技術者を育成します。 

情報学専攻

情報学専攻では、次のような方針で、教育課程を編成し、実施します。
  1. 情報学の分野において、専門技術力と研究能力を身につけた人を育成します。
  2. 幅広い教養と倫理観を兼ね備えた人を育成します。 

建築学専攻

建築学専攻では、次のような方針で教育課程を編成し、実施します。
  1. 修士課程では、学士課程での教育を基礎として、広く建築学の分野において問題解決能力を身につけた国際社会でも活躍できる高度専門職業人を育成します。
  2. 博士後期課程では、本専攻の多様な学術研究を背景に高度な技術開発能力を養成し、先端領域を切り開く自立した高度専門職業人や独創的研究者を育成します。 

システムデザイン専攻

システムデザイン専攻では、次のような方針で教育課程を編成し、実施します。
高度な工学的知識、技術経営に関する体系的な知識、世界のビジネスの現場で実践できる英語によるコミュニケーション力を基礎に、技術的ビジネス的な課題解決能力を育成します。
  1. 事例研究やプロジェクト演習を重視した問題解決型教育(Problem Based Learning)を推進します。
  2. グループディスカッションやディベートなど、コミュニケーションを通じた課題解決を実践します。
  3. 工学系専門科目については、社会人、本学または他大学の出身者等多様な経歴の学生が、より深い専門知識を学びたい場合や、新たな専門分野について学ぶ必要が生じた場合にも対応できるよう幅広くバランスの良い科目編成とします。
  4. 技術経営科目については、企業経営に参画できる中核技術者の育成及び起業家(アントレプレナー)の育成を念頭に置いた科目編成とします。
  5. 国際間の文化的な違いを認識し、英語による議論・プレゼンテーション等に必要な論理展開ができるコミュニケーション力を育成します。
  6. 企業の中核技術者、技術系経営者としての技術者倫理を確立します。 
Get Adobe Reader
PDFファイルの閲覧にはAcrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてソフトをダウンロードしてください。

工辞苑 工学院を知るためのキーワード


大学・大学院紹介