機械工学科

機械工学科

機械工学科の特徴

エネルギーと設計を極めた機械をつくる

機械を「つくる」ために必要な、原理やメカニズム、材料、加工、安全性などを追究します。

【キーワード】
エンジン/魚ロボット/流体抵抗/熱の有効利用/マテリアルリサイクル/CAD・CAM/安全/フレティング疲労/セラミック/ポリマーアロイ/難加工材/医薬工連携/再生工学/自動車/バイオ燃料・潤滑油
機械工学科の特徴

社会につながる工学院大学の学び

機械工学科の学びを通して…、4年後こんなあなたに成長できる

社会につながる学び1
社会につながる学び2
社会につながる学び3

研究室紹介

カリキュラム

○:必修科目 △:選択必修科目

1年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
○微分積分A
○微分積分B
○微分積分C
○微分積分D
○微分積分演習I
○微分積分演習II
○物理学A
○物理学B
○物理学E
○物理学F
○情報処理入門
○情報処理演習
△物理学演習I
△物理学演習II
△物理学実験
△化学実験
生物学概論
専門基礎科目
○工科系数学基礎
○工業力学及演習
○線形代数A
○線形代数B
線形代数C
線形代数D
専門科目 I
○機械工学基礎演習I
○機械工学基礎演習II
○機械実習
△加工工学概論
△機械製図法

2年次

カリキュラムを開く/閉じる
共通基礎科目
△化学A
△化学B
△化学C
△化学D
生物学概論
専門基礎科目
○工業数学A
○工業数学B
専門科目 I
○材料力学及演習I
○流れ学I及演習
○工業熱力学I及演習
○機械実験及演習
○機械製図A
○機械製図B
△材料基礎工学
△材料力学及演習II
△機構学
△金属材料工学
△機械設計学
機械製作法
機械加工演習
プログラミング演習
計測工学

3年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門基礎科目
数値計算法
エコエネルギーコース専門科目 II
○機械工学設計総合演習
○機械工学セミナー
△流れ学II
△流れ学III
△流体機械
△工業熱力学II
△伝熱工学
△蒸気工学
△内燃機関
△エンジンシステム
△燃焼工学
△機械力学
メカノデザインコース専門科目 II
○機械工学設計総合演習
○機械工学セミナー
△数値材料力学
△材料強度学
△信頼性工学
△CAD/CAM演習
△塑性加工学
△高分子材料工学
△CAD機械製図設計
△精密加工学
△機械機能設計学
△機械力学
専門科目 II
○社会と技術者の倫理
△統計学I
△リサイクルシステム工学
△環境制御工学
△バイオメカニクス
△生命科学概論
△テクニカルコミュニケーション
△特別講義
△学外研修
制御工学
機械振動学
材料試験法
電気工学I
電気工学II
電気工学実験
量子力学
応用解析学
複素関数論
応用プログラミング演習
自動車工学

4年次

カリキュラムを開く/閉じる
専門科目 II
△システム工学
△リサイクルシステム工学
△生命科学概論
△知的財産権法
量子力学
応用解析学
数値熱流体工学
ガスタービン
自動車工学
原子力工学概論
航空宇宙工学
ロボット学
○卒業論文
【2017年04月01日更新】

進路について

資格取得の優遇措置がある資格・免許

卒業後の進路

主な就職先(2017年3月卒業生)

いすゞ自動車(株)、(株)大林組、KDDI(株)、スズキ(株)、大成建設(株)、大日本印刷(株)、東海旅客鉄道(株)[JR東海]、凸版印刷(株)、トヨタ自動車(株)、日本精工(株)、日本発条(株)、日本郵便(株)、東日本旅客鉄道(株)[JR東日本]、日立オートモティブシステムズ(株)、(株)日立産機システム、日立ジョンソンコントロールズ空調(株)、(株)日立ビルシステム、日野自動車(株)、ボッシュ(株)、本田技研工業(株)、マツダ(株)、ミズノ(株)、三菱自動車工業(株)、三菱電機ビルテクノサービス(株)、三菱日立パワーシステムズ(株)、(株)明電舎、矢崎総業(株)、(株)ロッテ、YKK(株)、YKK AP(株)
【公務員】石巻市役所、国土交通省、埼玉県教員、埼玉県庁、防衛省

機械系学科業種別就職割合

機械系学科業種別就職割合

(2017年3月卒業生)*画像クリックで拡大表示

※「電気システム工学科」は2017年4月「電気電子工学科」に名称変更予定です。

Real Voice

  • student 森野 麻衣子さん
    機械工学科
    森野 麻衣子さん

    本格的な設備がある環境でしっかりと基礎を身につけていきたい

    工作機械がずらりと並ぶ景色は圧巻

    工学院大学に魅力を感じた大きな理由が、ものづくり支援センター「ふらっと」です。工作が好きな私にとって、広々とした施設に旋盤やアーク溶接、鋳造設備などが多数設置されたインパクトある景色は感動的で、この施設で実践的に学んでいきたいと思えるものでした。実験が多い工学院大学では「ふらっと」を利用する機会も多く、楽しみながらものづくりに取り組むとともに、機械を使いこなすことでその特性を把握していきます。機械工学科で学べることは幅広く、今はそれらに必要な基礎をしっかり定着させているところ。今後は、それらの中から、さらに掘り下げて学ぶ分野を絞っていきたいと思います。