新着情報

掲載日:2016年06月28日
先進工学部ハイブリッド留学がいよいよスタート

工学部に続き、先進工学部のハイブリッド留学がスタートしました。

6月27日、同学部2年生14名が、協定校グリーンリバーカレッジ(米国ワシントン州・オーバーン市)に向かって飛び立ちました。
オーバーン市は、レイニア山の川のふもと、緑豊な美しいまちとして知られ、シアトルにも近い便利な場所です。

協定校グリーンリバーカレッジ(略称:GRC)は、毎年9月より10週間、本学八王子キャンパスにて「日本留学プログラム」を実施し同期間は、10数名のアメリカ人学生を本学キャンパスで受け入れ、本学学生(キャンパスアテンダント)と交流しています。
今回は、その送り出し校であるGRCが本学学生を受け入れ、継続的な相互交流を実現します。

工学院大学のグローバルプログラム

ハイブリッド留学とは

「まず語学の修得から…」という、これまでの留学スタイルから脱却し、留学のハードルを下げ「まず海を渡る」ことを最優先させ、海外の「現場」で「数多く」の「様々」な経験を積むことで、Engineer, Scientist, Architectとして必要な海外での経験値を上げながら、英語やグローバルな思考が自然に身につくよう開発したプログラムです。
本件に関するお問合せ 工学院大学 グローバル戦略部
〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
※オフィスは不在になることが多くございますので、お問い合わせはメールにてお願いいたします。
E-mail: global@sc.kogakuin.ac.jp TEL:03-3340-0939

関連リンク

工辞苑 工学院を知るためのキーワード