新着情報

掲載日:2016年09月02日
ハイブリッド留学、先進工学部2年生がアメリカより帰国、 建築学部3年生がイギリスへ出発しました

先進工学部2年生が帰国

9月2日、アメリカ・シアトルより先進工学部2年生14名が帰国しました。同学生は、提携校グリーンリバー・カレッジ(アメリカ・ワシントン州オーバーン市)にて10週間のプログラムを行いました。学生は緑豊かなキャンパスで伸びやかに過ごし、ホームステイや提携校学生との交流から異文化を体験し、グローバルな視野を広げました。

建築学部3年生が出発

同日、建築学部3年生32名がイギリスに向けて出発しました。世界遺産カンタベリー大聖堂のあるカンタベリー市に4ヶ月間滞在し、イギリス各地へのフィールドワークなどを実施しながら、グローバルな感性を育み、建築の学識を深めます。

工学院大学のグローバルプログラム

ハイブリッド留学とは

「まず語学の修得から…」という、これまでの留学スタイルから脱却し、留学のハードルを下げ「まず海を渡る」ことを最優先させ、海外の「現場」で「数多く」の「様々」な経験を積むことで、Engineer, Scientist, Architectとして必要な海外での経験値を上げながら、英語やグローバルな思考が自然に身につくよう開発したプログラムです。
本件に関するお問合せ 工学院大学 グローバル戦略部
〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
※オフィスは不在になることが多くございますので、お問い合わせはメールにてお願いいたします。
E-mail: global@sc.kogakuin.ac.jp TEL:03-3340-0939

関連リンク

工辞苑 工学院を知るためのキーワード