想いがつくる、未来のカタチ。

工学院大学ソーラーチームは、2017年秋にオーストラリアで開催される世界最大級のソーラーカーレース「2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(BWSC)」へ参戦。最新情報はこの特設サイトでお知らせしていきます。

想いがつくる、未来のカタチ。

工学院大学ソーラーチームは、2017年秋にオーストラリアで開催される世界最大級のソーラーカーレース「2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(BWSC)」へ参戦。最新情報はこの特設サイトでお知らせしていきます。

NEWS

最新情報

<取材案内・プレス対象>2017年6月29日(木)『工学院大学ソーラーチーム』新車両お披露目記者発表会開催のご案内

NEWS

最新情報

工学院大学ソーラーチームは、2017年秋にオーストラリアで開催される世界最大級のソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2017(WSC)」に参戦することを決定しました

CONTENTS

コンテンツ

NEWS

最新ニュース

ソーラーチームが製作した車両、3号機「OWL」が上海国際モーターショーに登場

4月19日(水)、中国・上海で開幕した「上海国際モーターショー2017」(一般公開は4/23(日)~28(金))に、ソーラーチームの学生たちが製作した車両が登場しました。

ソーラーチームが製作した車両、3号機「OWL」が上海国際モーターショーに登場
NEWS

最新ニュース

本学名誉博士の根岸英一先生(2010年ノーベル化学賞受賞)を表敬訪問しました

本学の名誉博士で、2010年にノーベル化学賞を受賞された根岸英一先生(アメリカ・Purdue大学特別教授)を表敬訪問しました。根岸先生は、ノーベル化学賞の受賞にあわせ、元勤務先である帝人グループの「名誉フェロー」に就任されています。

本学名誉博士の根岸英一先生(2010年ノーベル化学賞受賞)を表敬訪問しました
2017 Bridgestone World Solar Challenge

2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジとは

ブリヂストンワールドソーラーチャレンジは、太陽光を動力源としてオーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまで総延長約3,000kmを走破する国際的なソーラーカーレースです。
世界一速いソーラーカーを決めるチャレンジャークラス、実用性を競うクルーザークラス、そして順位よりも大会を楽しむアドベンチャークラスの3クラスが設定されており、世界各国から集まった大学生を多く含む40以上のチームが約5日間をかけて広大なオーストラリア大陸を縦断します。
2015年に行われた前回大会では、25ヶ国から大学生を多く含む46チームが出場しました。
≪概要≫
正式名称:2017 Bridgestone World Solar Challenge
開催期間:2017年10月8日(日)~15日(日)
開催場所:オーストラリア(スタート:ダーウィン、ゴール:アデレード)
主催者:南オーストラリア州政府観光局

ブランディングの活動をもっと見る