都市計画・都市デザイン分野 篠沢研究室

境界領域の課題を解決するランドスケープデザイン

指導教員:篠沢 健太 教授

現代社会において、さまざまな境界領域に現れる諸問題に空間計画・設計を通じて解決を試みます。人と自然、建築と造園、保全と創出…。一見対立するこれらの問題の境界に立ち、立地の潜在的特性の把握に基づいて両者に介在し、その解決を目的とするプロジェクト、デザインを提案します。自然環境と人間活動の共存のための計画設計手法の研究を通じて、階層的な時間・空間スケールの認識とその利用、植生遷移の考え方に基づいたランドスケープの管理を学び、エコロジカルなまちづくりのあり方を提案します。


主な研究
テーマ
災害復興のランドスケープデザイン
ニュータウン建替に伴う環境整備
河川水辺エコトーンのデザイン など
キーワード ランドスケープデザイン / 自然・文化的環境特性の保全・再生 / 時空間スケール
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻