先進工学部の教育の目的・方針

進めよう未来のための科学と技術

先進工学部では、学生が教員とともに最先端の科学技術を開拓して行くことをめざします。各学科の基礎理論を系統的に学び、技術者・研究者の卵となることができるような問題解決手法を身につけます。大学院進学にて最先端科学技術を身につけて行くことを念頭に教育プログラムを実践しています。先端科学技術に興味を持ち、絶えず基礎学力の向上に努め、自ら学問に向き合うことのできる学生を求めます。また、科学技術手法を駆使して社会に貢献する意欲あふれる学生を求めます。

先進工学部の特色

特色1:将来の目標に合わせて選べる2つの教育プログラム

先進工学部では、卒業後の進路を見据えて2つの教育プログラムを用意。各分野の第一線で活躍する経験豊富な教員が、いずれのプログラムでも、一人ひとりの志向や将来の目標に合わせて、きめ細かな指導を行います。

1.学科教育重視型(技術者・教職者育成プログラム)

入学後、1年次は学部共通のプログラムで基幹的な自然科学の基礎を固め、2年次以降、各学科のカリキュラムに沿って専門性を深め、高度な科学技術を身につけます。卒業後は、大学院への進学または技術者、教職者などとして就職します。


 

2.大学院接続型コース ※NEW【2020年4月新設】(研究者・開発者育成プログラム)

学部と大学院が一貫して学べるのが「大学院接続型教育プログラム」です。入学後に、修士修了後の進路を意識した履修モデルを選択し、1年次は主軸の分野に加え、5学科の境界領域を横断的に学修。2年次の学科配属後も、主たる専攻に加え、他学科科目を副専攻として履修可能です。6年一貫制の利点を生かし、早期からの研究室配属で、研究実践力を養成します。

大学院接続型6年一貫コース

特色2:大学院進学を後押しする独自プログラム

大学院進学後の学費負担を軽減するために,上記どちらの教育プログラムでも,学業成績が優秀な学生には,授業料の全額または半額相当額を給付する奨学金制度やTA制度※を用意しています。他にも,大学院生の研究発表に対しては,参加登録費,旅費等を補助するなど,大学院生の研究活動を支援しています。

※TA制度:ティーチングアシスタント制度。学部生の授業において,大学院生が担当教員の授業サポートを行う制度。年間合計最大45万円の収入を得ることができます。

先進工学部をもっと知る

先進工学部