• Home
  • 先進工学部の活動・実績
先進工学部の活動・実績

社会に直結する学びから、新たな可能性を見つけ出す最先端の研究まで

工学院大学では様々な最新の研究テーマで教員・学生が連携しながら研究を行っています。文部科学省私学助成よって設立された、生体分子システムセンターや機能表面研究センターなど、それぞれ他大学にはない様々な研究装置・設備が整っており、それらを活用した研究がすすめられています。
ここでは先進工学部における最新の研究活動や実績をアーカイブしています。

近年の受賞実績

2019年
環境化学科生が平成30年室内環境学会学術大会において優秀ポスター賞を受賞
2018年
佐藤光史学長(応用物理学科・教授)がIAAM Medal 2018を受賞
2018年
永井裕己准教授(応用物理学科)がFunctional Materials SocietyのYoung Research Award of Year 2018に選ばれました
2017年
酒井 裕司 准教授(環境化学科)がICASM 2018においてBest Presentation Awardを受賞しました
2017年
環境エネルギー化学科生が大学コンソーシアム八王子学生発表会において学生優秀ポスター発表賞を受賞
2017年
環境エネルギー化学科生が日本LCA学会において学生優秀ポスター発表賞を受賞
2017年
赤松憲樹准教授(環境化学科)が日本粉体工業技術協会奨励賞技術シーズ賞を受賞
2017年
環境エネルギー化学科生が第9回大学コンソーシアム八王子学生発表会において準優秀賞を受賞
2017年
永井裕己助教(応用物理学科)がIAAM主催のBaltic Conference Series 2017 においてYoung Scientist Awardを受賞
2017年
大倉利典教授(応用化学科)が日本学術振興会より審査委員の表彰を受けました
2017年
大倉利典教授(応用化学科)が「International Association of Advanced Materials Medal for the year 2017」を受賞
2016年
並木則和教授(環境化学科)が2016年度化学工学会技術賞を受賞
2016年
橋本英樹助教(応用化学科)が軽金属学会にて優秀ポスター発表賞を受賞されました
2016年
並木則和教授(環境化学科)が日本空気清浄協会第32回研究大会会長奨励賞を受賞
2016年
応用化学科生が第5回日本生物工学会東日本支部コロキウムにおいてポスター賞を受賞
2016年
吉田直哉准教授(応用化学科)が日本無機リン化学会創立30周年記念特別奨励賞を受賞
2016年
坂本哲夫教授(応用物理学科)の研究が科学技術振興機構の研究成果展開事業に採択
2015年
光通信研究会(応用物理学科)にてYoung Scientist賞,Brave Question賞、Best Question賞を受賞!
2015年
橋本英樹助教(応用化学科)が粉体粉末冶金協会第39回研究進歩賞を受賞されました
2015年
並木則和教授(環境化学科)が2015年度化学工学会粒子・流体プロセス部会技術賞を受賞
2015年
並木則和教授(環境化学科)が2014年度コニカミノルタ科学技術振興財団研究奨励賞を受賞
2015年
赤松憲樹准教授(環境化学科)が2015年度日本膜学会膜学研究奨励賞を受賞
2015年
並木則和教授(環境化学科)が日本空気清浄協会第31回研究大会会長奨励賞を受賞

先進工学部の学科

先進工学部の各学科の教育方針やカリキュラムなどは以下のページでご紹介しております。

坂本哲夫教授(応用物理学科)らの論文がAnalytical Sciences誌6月号の表紙・Hot Articleに掲載

坂本哲夫教授(応用物理学科)、趙博士研究員らによる論文"Loss of Phosphate Determines the Versatility of a Spider Orb-web Glue Ball "が世界で最大規模の日本分析化学会の英文論文誌であるAnalytical Sciences誌6月号(6月10日発刊)の表紙・Hot Articleに掲載されました。
全文を読む

稲葉敦教授(環境化学科)が、マツダ株式会社の研究に協力

稲葉敦教授(環境化学科)が、マツダ株式会社の研究に協力し、車の一生を通じて排出される二酸化炭素量を、エンジン車と電気自動車で比較しました。この結果は、SankeiBizに掲載されました(2019年5月20日付)。

全文を読む

「日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2019」に参加

日本の国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と中国科学技術部(国家外国専門家局)が主催する、大学の人材・技術交流を目的とした日中間最大規模のイベント「日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2019」が5月25日~27日に中華人民共和国・四川省成都市で開催されました。
全文を読む

松野研司教授(生命化学科)が開催担当の創薬人育成サマースクール2019(6/29開催)

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロセス化学、さらには創薬化学研究の実践例に関して、第一線の製薬会社の先生方からご講演いただきます。創薬研究の面白さと奥深さを知ることができる貴重な会です。奮ってご参加ください。
全文を読む

工学院大学先進工学部公開講座 International Seminar on Material Scienceのご案内(6/10開催)

工学院大学先進工学部では、2019年6月10日(月)、材料科学に関するセミナーを企画いたしました。
イタリア・パレルモ大学よりMonica Santamaria教授をお招きし、電気化学を利用した金属酸化物の作製やその応用に関する講演をして頂きます。

全文を読む

阿相英孝教授、釜谷美則准教授(応用化学科)が日中大学フェア&フォーラム in CHINA 2019に参加

国立研究開発法人科学技術振興機構と中国科学技術部(国家外国専門家局)との共催で、2019年5月24日(金)から28日(火)までの日程で、中国四川省成都市で開催される「日中大学フェア&フォーラム in CHINA 2019」に先進工学部応用化学科から阿相英孝教授と釜谷美則准教授が参加します。

全文を読む

航空理工学専攻の提携機関である「本田航空」が八王子キャンパスを視察しました

高度な工学知識を兼ね備えた「エンジニア・パイロット」の養成を目的に4月に開設した先進工学部機械理工学科航空理工学専攻の国内提携フライトスクールである本田航空株式会社ご一行様が、4月18日、本学八王子キャンパスを視察しました。

航空理工学専攻特設サイトで全文を読む

工学院大学先進工学部公開講座 International Seminar on Material Scienceのご案内(3/9開催)

工学院大学先進工学部では、2019年3月9日(土)、材料科学に関するセミナーを企画いたしました。
ドイツ・エアランゲン大学よりPatrik Schmuki教授をお招きし、同氏を含む2名の講師には、金属酸化物の構造制御ならびにその応用に関して最新の研究成果から、将来展望までご講演頂きます。
全文を読む

本田航空「大分フライト・トレーニングセンター」を表敬訪問しました

2月20日、航空理工学専攻の提携機関である本田航空株式会社の「大分フライト・トレーニングセンター」を、先進工学部機械理工学科の武沢英樹教授と佐藤允准教授が表敬訪問しました。
航空理工学専攻特設サイトで全文を読む

機械理工学科生が新宿区主催「U35ビジネスプランコンテスト」で審査員特別賞を受賞

機械理工学科3年 村田 航一朗さんが、新宿区が主催する「SHINJUKU DREAM ACTIVATION I-U35ビジネスプランコンテスト-」で審査員特別賞を受賞しました。
新宿区が主催する「SHINJUKU DREAM ACTIVATION I-U35ビジネスプランコンテスト-」は、新宿区内で事業の立ち上げを目指す35歳以下の若者を対象としたビジネスプランコンテストです。
優れた事業計画を表彰するとともに、表彰された事業のフォローアップまで行うことで、事業化に向け支援しています。
1月30日(水)に開催されたファイナルイベントの中で最終審査があり、村田さんは「電動アシスト型キックボードシェアリング」をテーマに、電車やバスから目的地までの1kmを結ぶ新しい交通インフラを提案しました。

SHINJUKU DREAM ACTIVATION Ⅰ-U35ビジネスプランコンテスト-
 

受賞コメント
このたびは新宿区が主催するビジネスコンテストにて「審査員特別賞」を頂き光栄に思っています。 コンテストに出場するにあたり、桂晃洋教授をはじめ多くの先生方と先輩方、そして企業のサポートをしていただきました。 今回はMaaSを踏まえた新しいモビリティで受賞しましたが、災害時や防災に使えるような考え方は私一人では困難でした。そして、プロトタイプやサービス開発では普段では関わらない方々に出会い、ブラッシュアップする貴重な体験が出来ました。 来年も第二回があるということなので工学院内で学生プロジェクトを作り、今回学んだことを共有できればと思っています。 文章は固くなりましたが自由な発想でチャレンジできる環境はあります。今後共、よろしくお願い致します。

応用物理学科生が「The 25th International SPACC Symposium Poster Award」を受賞

応用物理学科4年生 田辺晃太さん(ナノ・バイオ材料研究室)が2018年11月23日~25日に琉球大学で開催された「The 25th International SPACC Symposium」にて Poster Award を受賞しました。

受賞者のコメント
The 25th International SPACC Symposium にてPoster Award を頂戴し、誠に、光栄でございます。
本賞をいただくことができたのは佐藤先生、永井先生の研究全般にわたる多大なるご指導のおかげで実現できました。心より感謝いたします。

ナノ・バイオ材料研究室

環境化学科生が平成30年室内環境学会学術大会において優秀ポスター賞を受賞

2018年12月6日~7日に東京工業大学(東京都目黒区)で開催された平成30年室内環境学会学術大会において、環境化学科4年(大気環境生物工学研究室)山本裕也さんがポスター発表で、優秀ポスター賞を受賞しました。

受賞者のコメント
この度、室内環境学会におきまして、優良ポスター賞を受賞できましたことは、ひとえに指導教員の並木先生や中山先生のご指導あっての賜物と心よりお礼申し上げます。 これを良い機会とし、一層研究に注力し、共同研究先の企業様をはじめ、皆様のご期待にお応えできるよう努力してまいりますので、今後ともご指導賜りますようお願いいたします。

パイロット養成支援制度を新設 大阪航空と覚書を締結

12月7日、“エンジニア・パイロット”の養成を目的に2019年4月に、先進工学部機械理工学科に開設する航空理工学専攻の国内提携フライトスクールである大阪航空株式会社とパイロット養成に関する覚書を締結しました。
大阪航空本社(大阪府八尾市)で行われた締結式には、本学から佐藤光史学長、青木俊志グローバル事業部長らが、大阪航空からは中山光吉代表取締役社長、長野啓文取締役副社長らが出席しました。
 

航空理工学専攻特設サイトで全文を見る

機械理工学科生が新宿区主催「U35ビジネスプランコンテスト」(1/30開催)の最終審査に出場

機械理工学科3年 村田 航一朗さんが、新宿区が主催する「SHINJUKU DREAM ACTIVATION Ⅰ-U35ビジネスプランコンテスト-」で、ファイナリスト6名のうちの1人に選ばれました。

1月30日(水)に開催されるファイナルイベントの中で最終審査があり、村田さんは「電動アシスト型キックボードシェアリング」をテーマにプレゼンテーションに望みます。

新宿区が主催する「SHINJUKU DREAM ACTIVATION Ⅰ-U35ビジネスプランコンテスト-」は、新宿区内で事業の立ち上げを目指す35歳以下の若者を対象としたビジネスプランコンテストです。優れた事業計画を表彰するとともに、表彰された事業のフォローアップまで行うことで、事業化に向け支援しています。

ファイナルイベントの詳細は下記のPDFファイルをご確認ください。

SHINJUKU DREAM ACTIVATION Ⅰ-U35ビジネスプランコンテスト-
 

SHINJUKU DREAM ACTIVATION Ⅰ-U35ビジネスプランコンテスト- [1.14MB]

生命化学科が桐生女子高等学校(群馬県)で出張講義を行いました

12月6日、高等学校と大学を結ぶフレンドシップ制度に基づき、桐生女子高等学校(群馬県桐生市)にて、本学教員が出張講義を行いました。
この講義は、学問に対する興味関心を引き出し、進学に対する目的意識の早期確立を目的として企画されたもので、
本学教員が同校に招かれて実施しました。当日は、高校1~2年生の生徒及び保護者を対象に、松野研司教授(生命化学科)が下記テーマにて講義を行いました。
高等学校と大学を結ぶフレンドシップ制度は、本学が保有する科学教育・研究に関するノウハウと諸機能を利・活用して、理数系に力を入れている高校や中学校を、引き続き積極的に支援していきます。

出張講師名 所属 講義テーマ
松野研司教授 先進工学部 生命化学科 「くすりを創る、育てる、使う」

松野研司教授 略歴

応用物理学科の学生が国立天文台野辺山宇宙電波観測所の見学ツアーに参加しました

応用物理学科の学生32名が、国立天文台野辺山宇宙電波観測所の見学ツアーに参加しました。本ツアーは、学生のキャリアプランの一環として実施されました。講演では、研究所の金子先生より電波望遠鏡のシステムから最前線の研究内容まで詳細にお話し頂き、その後の望遠鏡の見学会では、普段見ることのできない設備を拝見することができました。
お忙しい中、ご協力いただいた皆様方に感謝申し上げます。

国立天文台 野辺山宇宙電波観測所

応用化学科・応用物理学科の学生約40名がNIMSを見学しました

先進工学部応用化学科、応用物理学科の一、二年生を中心とした約40名の学生が、10月19日に国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS: National Institute for Materials Science)で開催されたNIMS WEEK2018「NIMSラボ公開」に参加し、第一線で活躍する研究者による講演を聴講すると共にNIMS内の研究施設の見学を行いました。

NIMSは、物質・材料に関する研究を専門的に行う公的研究機関であり、未来を拓く物質・材料の研究に日々取り組んでいます。当日は、全国45の大学から400名以上の参加者があり、本学の学生も今後のキャリア形成を考える上で、今回のラボ見学は貴重な体験になったと思います。

国立研究開発法人物質・材料研究機構 NIMS
 

NIMS WEEK2018 チラシ(PDF) [1.60MB]

「先進工学部 機械理工学科 航空理工学専攻説明会」を実施しました

10月20日(土)、新宿キャンパスにて「先進工学部 機械理工学科 航空理工学専攻説明会」を実施しました。本専攻は2019年4月に先進工学部機械理工学科に新設されます。説明会には、受験生とその保護者が約40名集まりました。

工学院大学入試サイトで全文を見る

物質計測制御研究室(応用物理学科)が「JASIS2018」のJSTブースに出展

9月5日(水)~7日(金)に幕張メッセで開催しているアジア最大規模の分析機器・科学機器関連の展示会「JASIS2018」のJST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)(ブースNo.5B-601)に物質計測制御研究室(先進工学部 応用物理学科)が出展しています。
JSTブースには科学技術を紹介する企業に加えて、JSTから競争的研究資金を得た大学の中で選ばれた東京工業大学・東北大学や京都大学など国立大学の他、私立大学からは本学が唯一の出展となります。
同ブースでは、開発者が自身の出展内容を分かりやすく解説するプレゼンテーションの場が設けられており、本学からは坂本 哲夫教授(応用物理学科)、森田 真人助教(応用物理学科)が登壇しています。

◆JASIS2018 開催概要◆
会期 平成30年9月5日(水)~7日(金)3日間
(コンファレンスは9月4日(火)~7日(金))
開場時間 10:00~17:00
会場 幕張メッセ国際展示場
入場料 無料(コンファレンスは有料プログラムも有)
主催 一般社団法人日本分析機器工業会 / 一般社団法人 日本科学機器協会
ブースNo 5B-601
出展社名 (国研)科学技術振興機構
ブース内No Se5
タイトル 難分析核種の高感度分析のための多色イオン化光源の開発
 

◆ブース内プレゼンテーション概要◆
タイトル 共鳴イオン化質量イメージング装置による放射性セシウムの同位体別マイクロイメージング
スケジュール 9月5日(水) 11:20~11:30
9月6日(木) 14:40~14:50
9月7日(金) 13:50~14:00
 

「JASIS2018」公式ホームページ


工学院大学研究シーズ集

物質計測制御研究室(坂本 哲夫 教授)

佐藤光史学長(応用物理学科・教授)がIAAM Medal 2018を受賞

佐藤光史教授(応用物理学科)がIAAM Medal 2018を受賞し、2018年8月20日から23日までストックホルムにて開催されたIAAM(International Association of Advanced Materials)主催のEuropean Advanced Materials Congress 2018において、授賞式と受賞講演がおこなわれました。
IAAM Medal 2018は、先端材料分野において大きく貢献した研究者に対して贈られる賞です。

IAAM(International Association of Advanced Materials)
IAAM is a principle international organization of Advanced Materials Researchers, whose purpose is to provide a research & education forum for the rapidly expending field of Advanced Materials. IAAM organizes regular conferences, honors out standing researchers and prepares a variety of publications in the subject area of Advanced Materials. IAAM has about 50,000 members from academia, research laboratories and industries, who meet to discuss the development of advanced materials.

ナノ・バイオ材料研究室

IAAM(International Association of Advanced Materials)

工学院大学の武沢英樹教授(機械理工学科)が高校1年生に講義を行いました

6月13日、工学院大学の武沢英樹教授(機械理工学科)が高校1年生を対象に講義を行いました。
工学院大学で実際に学ぶことができる研究内容を身近な例を交えながら紹介されました。また、2019年4月開設の航空理工学専攻についても、パイロットになるための訓練を行いながらしっかりと工学的な知識を身に付けることができるなど、進路を考える上で参考になるお話がありました。
メモを取りながら熱心に話を聞く生徒の姿も見られ、有意義な時間となりました。

航空理工学専攻 特設サイト  
 

生産工学研究室|先進工学部機械理工学科

工学院大学附属中学校・高等学校サイト

永井裕己准教授(応用物理学科)がFunctional Materials SocietyのYoung Research Award of Year 2018に選ばれました

永井裕己准教授(応用物理学科)が、Functional Materials Societyの「Young Research Award of Year 2018」に選ばれました。Young Scientist Awardは,機能性材料分野において顕著な業績をあげた若手研究者に対し贈られる賞です。
授賞式および講演は8月にベルギーで開催される「The 8th Advanced Functional Materials and Devices」で行われる予定です。

The 8th Advanced Functional Materials and Devices (AFMD)

佐藤允准教授(機械理工学科)が 「Science Fair 2018」で 特別講義を行いました

4月21日、佐藤允准教授(機械理工学科)が、本学と教育連携協定を結ぶ ”文京学院大学女子高等学校” で開催される「Science Fair 2018」において、《これまでの飛行機と、これからの飛行機》をテーマに特別講義を行いました。本講義では当高校の生徒のほかに、当高校と姉妹校であるタイ王国のプリンセス・チュラポーン・サイエンスハイスクール・ペッチャプリーの生徒も受講したため、英語と日本語を織り交ぜての講義となりました。

テーマ 概要
これまでの飛行機と
これからの飛行機
飛行機が「飛ぶ」ためのメカニズムとシステムについての説明がなされました。その後、飛行機の歴史について概説し、どのような経緯で飛行機が誕生したかを紹介。
最後に、飛行機に関する最新の研究を紹介し、未来の飛行機がどうなっていくかを参加者と共に考えました。

略歴

工学院大学 研究者情報 データベース 佐藤允 准教授

お問い合わせ 工学院大学 学習支援部 学習支援課
E-mail: ksec@sc.kogakuin.ac.jp TEL:042-628-4835


科学教育センター

先進工学部応用物理学科が「OPIE'18」に出展

先進工学部応用物理学科物質計測制御研究室が2018年4月25日~27日、パシフィコ横浜で開催される国内最大級の光技術展示会「OPIE'18」内の専門展示会の1つである「レーザーEXPO」に出展しています。

この度、坂本哲夫教授(先進工学部応用物理学科)らのチームが、原発事故によって発生した放射性セシウムを同位体別に高感度で可視化するための高繰り返し波長可変レーザーを国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の支援のもと開発し、質量顕微鏡(FIB-TOF-SIMS)へ実装しました。これにより世界で初めて、肉眼では見えない微粒子中の放射性セシウムの同位体別可視化に成功しました。今回の出展ではこのレーザー実機を展示し、その応用例について紹介しています。

OPIE'18 公式サイト

# 学生・教員の成果