光と電子を操り情報化社会の快適をリードする

指導教員:本田 徹 教授

情報化社会をより快適に過ごすには、情報表示(ディスプレイの高精細・高品質化)や情報記録(高密度情報記録、HDDVDなど)、通信の性能向上が欠かせません。そして、そのために欠かせないのが、環境にやさしい光素子の発展です。そこで、特に青色・紫外発光素子(半導体レーザー、発光ダイオード、エレクトロルミネッセンス素子など)に注目した、さまざまな研究を行っています。この研究は近い将来、次世代テレビ・高密度光ディスクの光源などに応用されるとともに、情報家電などの家庭内ネットワークへの応用も期待されています。


主な研究
テーマ
青色・紫外発光素子の開発
次世代高密度光記録・通信光源の研究
環境にやさしい半導体材料の研究 など
キーワード 半導体 / ディスプレイ / 通信光源

大学院 工学研究科

専攻