数理解析研究室

数理モデルによるデータ解析・未来予測・意思決定

指導教員:竹川 高志 准教授

物理現象と社会における人の動きなど、一見無関係な現象も数理モデルを使って記述すると、驚くような共通点が発見できることがあります。信号処理・最適化・機械学習・統計解析を駆使して、現実の複雑で膨大な量のデータから隠れている情報を引き出し、背後にある原理を見つけ出すためのさまざまな技術を開発しています。特に実験技術の著しい発展により得られた神経科学の種々のデータやWEB上にあふれている多様なデータに注目し、脳の情報処理と集団内での協調行動の数理構造について探究しています。


主な研究
テーマ
確率モデルによる学習理論と予測
集団における協調行動の解析
神経回路の情報処理機構の解明 など
キーワード 動的システム / 確率モデル / 学習理論 / モデル選択 / 予測 / 戦略的意思決定

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻