知能メディア処理研究室

より豊かなライフスタイルのためのメディア処理研究

指導教員:ナイワラ P. チャンドラシリ 教授

映像、音声、ナレッジといったメディア情報に接することで、私たちの生活はより便利になって来ています。大量情報だけに留まらず、必要な情報を必要なタイミングで最適な方法で提供するためにこれからますますコンテキストや人間の心理的・精神的な側面を考慮した情報システムデザインが重要になるでしょう。カメラなどのさまざまなセンサーデータを用いた実世界センシング、センサー・ユーザ生成データのモデリングによるユーザの意図、行動分析・予測、関連情報提供など、より豊かなライフスタイルをサポートできるような研究・開発をめざします。
 
 
主な研究
テーマ
画像認識 / 画像処理
ユーザ行動分析
運転行動分析
キーワード ヒューマン・コミュニケーション / 意図・行動理解 / Peace of mind(安らぎ)

情報学部の研究室