機械の不快な揺れや騒音を抑え、よりよい機械を開発する

指導教員:大石 久己 教授

軽量化やコストダウン、生活環境改善のために、製品の振動・騒音が重要な問題となっています。そのため振動・騒音の特性を正確に把握するデータ処理手法、振動・騒音を低減させる設計法や制御法、よりよい音環境を実現する音質設計法などを研究しています。機械の動的な影響を受ける複雑な現象となるので、実験と数値解析の両面から現象を捕らえ,問題の本質を明らかにするように努めています。振動・騒音問題は、全ての機械に関わる重要な課題で、ここでの研究は、機械の開発・設計・製造・サービスなど全ての場面で生かすことができます。


主な研究
テーマ
機械の振動・騒音の低減に関する研究
振動・音響解析、音質評価の研究
振動・騒音特性把握のためのデータ処理手法の研究
キーワード 振動 / 音響 / 音質設計 / 実験解析 / 数値解析

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

工学部の研究室

トップへ