2018年度工学院大学・大学院の入学式を挙行しました

2018/04/01

工学院大学および大学院の入学式を2018年4月1日、八王子キャンパス体育館にて挙行しました。

新入生をはじめ、より多くの保護者の皆様にご出席いただくために、2016年度より、午前・午後の一日2回にわけて式典を開催しています。
午前の部は、先進工学部、建築学部、大学院 化学応用学専攻、建築学専攻、システムデザイン専攻が、午後の部では、工学部、情報学部、大学院 機械工学専攻、電気・電子工学専攻、情報学専攻の新入生とその保護者らが列席しました。
式典前後に行われる新入生歓迎イベントは、総合教育棟前の広場を中心にとても賑わいました。先輩学生が案内するキャンパスツアーでは、2017年春に竣工した新スタイルの図書館や充実した実験・実習室を備え、アクティブな学びをサポートする機能を兼ね備えた新2号館や平時の授業で利用する機会の多い総合教育棟などをまわりました。大学に足を運ぶ機会が少ない保護者の方からは、我が子がこれから長い時間を過ごすキャンパスを肌で感じることができ貴重な機会となったと好評でした。

また、新歓実行委員会の学生たちがSNSを活用した企画「2018年入学記念 八王子キャンパス『春のフォトコンテスト』が開始され、キャンパス内に設置されたインスタスポットで記念撮影を行う新入生らの姿が目立ちました。さらに、工学院大学にある9の学生プロジェクトが紹介展示を行い、昨年10月にオーストラリアで開催された世界大会で完走したソーラーチームの学生たちが製作した実車「Wing」の展示をはじめ、新宿と八王子にキャンパスを構える本学の特性を活かし、両キャンパスの環境の違いが蜜蜂に及ぼす影響や変化の研究に取り組むみつばちプロジェクトが採取した蜂蜜(KUTE Honey)の試食体験などが行われ、新入生を迎えたキャンパスは、学生たちの熱気に包まれました。
工学院大学 学園広報Facebook