10/27(日)、八王子キャンパスでホームカミングデーを開催

2019/10/30

10月27日(日)、八王子キャンパスでホームカミングデーを開催しました。
13時からいぶきホールで始まった歓迎式典では、はじめに後藤 治理事長より歓迎のご挨拶があり、校友の皆様への感謝の言葉が述べられました。
佐藤 光史学長からは、イノベーションジャパンで数多くの研究が評価された実績についての紹介がありました。また、工学院大学ソーラーチームは、オーストラリアで開催されたソーラーチームの世界大会において、トラブルを乗り越え無事に完走し、5位に入賞し、優れた技術を持った車両に贈られる、技術賞「テクニカルイノベーションアワード」を受賞したことに関して報告がありました。
平方 邦行校長からは、本学の附属中学、高等学校の紹介がありました。独自のグローバル教育を行っていることに触れ、開催されたAsian Student Leadership Conferenceにおいて、本学附属中学校2年生による「工学院Juniorチーム」が、英語による発表を行い、スマホ使いすぎ防止の工夫が施されたアプリ「My Pet」が、金賞を受賞したことについての報告がありました。
その後、ソーラーチームの学生が撮影、編集した映像が上映されました。柔道部より技の披露、新聞会から活動報告と新聞会、野球部、サッカー部、アメフト部のPR動画が上映されました。
14時から始まった、食堂での懇親会では、校友会会長田野邊幸裕会長より、みつばちプロジェクト、サイエンスクリエイトプロジェクトの学生への支援として、植樹が行われたことを記念し、目録の贈呈が行われました。
懇親会では、玉川 雅之常務理事がご挨拶をされました。本学では卒業生が在籍する企業を進路として選ぶ学生が多いことに触れ、卒業生に対し感謝の言葉を述べられました。
懇親会では恒例となっている、校友会主催の地酒バーが行われました。終始和やかな雰囲気に包まれ、大勢の卒業生の方々で賑わいました。
ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。
ホームカミングデー