【在学生の皆様】自宅用無制限高速インターネット接続通信回線の用意について

2021/02/12

学生各位

日頃、遠隔授業の受講とその準備にご協力をいただき、ありがとうございます。工学院大学では、学生のみなさんの学修を止めることのない授業運営をし、進化させていきます。

2020年度の遠隔授業を開始するにあたって、みなさんのアンケート調査結果に基づき、トラブルなく少ない通信量で遠隔授業が受講できるよう、音声付きパワーポイント教材、Course Power(学習支援システム)、Active!mail(教育用電子メール)、 G Suite for Education (教育用クラウドサービス)、Ku-Port(学生ポータルシステム)等を提供して参りました。

2021年度以降はCOVID-19感染状況が収束に向かうことを前提に、工学院大学でも対面授業が中心となりますが、本年度の遠隔授業経験を生かしたハイブリッド(対面+遠隔)型の新しい授業形態を積極的に取り入れ、遠隔授業も一部継続していきます。アンケート調査結果からは、授業によってはむしろ遠隔の方が効果的であることが窺われ、そうした意見も参考に、ICT活用を拡充した新しい教育のかたちを模索していきたいと考えています。そのためには学生のみなさんにも、詳細は追ってお知らせしますが、自宅での予習復習や自主学習でオンラインを利用できるようご準備いただく必要があります。

今後は大学での授業に限らず、社会における行動様式はオンラインを活用したものが主流になっていくと予想されます。就職活動ではオンライン面接が一般化し、インターンシップでもテレワークのものが増えてきています。未来を見据えた自分への投資として、自宅用無制限高速インターネット接続回線が用意できていない学生の方は、2021年4月中までにご用意していただくよう、お願いいたします。

1. 光回線(推奨)

光回線によるインターネット接続を推奨します。回線速度は一般的に提供されている速度であれば問題ありません。ご家族と同居の方はご家庭で契約されている回線で構いません。一人暮らしの方は回線完備または光回線引き込み可能な物件をお勧めします。

2. モバイル回線

やむを得ずモバイル回線によるインターネット接続を選択する場合は、ご自身のプライベート利用分に加え、本学における学習に必要な通信容量と通信速度に対応できる回線契約をご検討下さい。通信容量20GB/月では不足する可能性があります。また、格安sim (MVNO)を利用したモバイル回線では、通信速度が低く抑えられていることがありますので、注意して下さい。なお、キャンパス内に入構可能な時間帯では学内の無線LANを利用できますので、ご活用下さい。
トップへ