まち開発プロジェクトが、オンライン工作教室を開催

2021/12/24

学生プロジェクト まち開発プロジェクト-Smart Tech-が、12月5日(日)にオンラインで「解いて!作って!SDGs!」を開催しました。

今回初めて開催したこのイベントは、エコギャラリー新宿・小田急電鉄株式会社の協力のもと実施しました。エコギャラリー新宿のエコクラブ会員である小学生24名が、間違い探しクイズと牛乳パックランタン作りを通して、”SDGsとまち”について考えました。児童からは、「”今の生活をより良くしよう!”というような意識を家族と友達と一緒に持つことで、楽しくSDGsに取り組むことができると感じました(6年生/女子)」、「SDGsは未来のために今、何を活動するべきかということなので、僕ができることを探したいと思います(3年生/男子)」との反応がありました。牛乳パックランタンは作るだけで終わらず、実際に使用して「意外と明るかった!」「夜つけたら綺麗だった!」などの感想が聞け、持続的な活動を促すことができました。

企画・運営を担当した学生は、「”SDGsとまち”という難しい題材を小学生にわかりやすく伝える方法を模索し、最終的には、自分たちならではの発想で小学生に理解してもらうことができ、嬉しく思います。」と充実した様子でした。
今回学んだことを活かし、今後も活動を続けます。

学生プロジェクト まち開発プロジェクト-Smart Tech-
トップへ