機能性セラミックス化学研究室

環境やエネルギー問題を解決するセラミックスを開発

指導教員:大倉 利典 教授

環境エネルギー問題を解決するため、各種素材の構造や高機能化を研究し、環境負荷を極限まで抑える優れた素材を開発しています。燃料電池や化学センサー用の超イオン導電性結晶化ガラスや、耐熱・耐水・耐放射線性に優れた高レベル放射性廃棄物固化用ガラスの開発などを進めています。また環境浄化や環境負荷の小さい表面に関する研究も行っています。固体表面の濡れ現象を研究し、それを多方面の材料へ応用展開しています。セルフクリーニング機能や、高度な動的撥水性を付与した無機化合物の研究も行っています。


主な研究
テーマ
超イオン導電性結晶化ガラスの開発
放射性廃棄物固化用ガラスの基礎的検討
固体表面の動的濡れ性の原理解明と応用
滑水性を有する無機酸化物の開発と応用 など
キーワード 燃料電池 / 高機能ガラス・セラミックス / 環境浄化 / 濡れ性 / 光触媒 / 表面改質
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻