ナノ化学研究室 『基礎・教養教育部門(協力研究室)』

ナノの世界の化学を装置を作って探求する

指導教員:高見 知秀 教授

皆さんは「ナノ」という言葉を聞いたことはありますか。ナノというのはギリシャ語で「小人」という意味のνάνος (nanos) に由来して、10のマイナス9乗(10億分の1)というとても小さな数字で、1ナノメートルというと分子レベルの大きさになります。この大きさになると人間の目では見えません。光学顕微鏡を使っても見えません。その見えない大きさの物をどうやって観察して操作するのか?本研究室ではナノスケールのプローブつまり「ナノプローブ」を使って、分子や細胞を見て操る研究をします。そのためには、世の中にまだない装置を作って写真スペース(写真はカラー印刷です)研究をしています。皆さんも一緒にナノスケールでの化学を楽しんでみませんか?


主な研究
テーマ
イオン選択ナノピペットの開発
走査プローブ顕微鏡による分子素子研究
細胞への自動インジェクション装置開発 など
キーワード ナノピペット / プローブ顕微鏡 / 細胞工学
研究室ホームページはこちら

大学院 工学研究科

専攻