次世代を担う半導体材料の作製

指導教員:山口 智広 准教授

半導体材料は、私たちが生きる情報化社会において欠かせないものとなりました。科学・技術が今後果たすべき役割は、更なる高度情報化社会の実現とともに、環境に配慮した持続可能な社会実現のための基幹技術の確立にあります。本研究室では主に、光通信機器・照明機器・太陽電池に代表される光デバイスや、高周波通信機器・家電機器などの電子デバイスにおいて、省エネ・高性能・多機能を実現する半導体材料の作製や新規探索を行っていきます。


主な研究
テーマ
窒化物半導体材料の結晶成長
窒化物半導体材料を用いた光デバイス構造の作製
窒化物半導体材料を用いた電子デバイス構造の作製 など
キーワード 半導体材料 / 半導体結晶成長 / 光デバイス / 電子デバイス
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

大学院 工学研究科

専攻