有機合成化学研究室

優れた反応の開発研究

指導教員:南雲 紳史 教授 / 安井 英子 准教授

有機合成化学という学問の最終目標は、求める化合物だけを必要な量だけ素早く合成できるようになることです。しかし、現在の有機化学はまだそのレベルには達していません。私たちは実験における観察眼を磨き、反応容器の中で何が起こっているかを推察する力を養うことで、より優れた有機合成反応を見いだすことをめざしています。現在はルイス酸を用いた連続環化反応(タンデム環化反応)の開発や、シスアルケンへの選択的還元反応の開発などを行っています。


主な研究
テーマ
高選択的シスアルケン合成法の開発
タンデム環化反応の開発
キーワード 精密有機合成
研究室ホームページはこちら

先進工学部の研究室