有機高分子化学研究室

くらしに役立つ高分子材料と表面を創り出す

指導教員:小林 元康 教授

私たちは、有機合成化学の知識と技術を駆使して新しいソフトマテリアルを合成することを研究室の柱にしています。ソフトマテリアルとは、ゲルやゴム、液晶、プラスチック、タンパク質、セルロースなどの高分子、有機低分子が構成するミセルや自己組織化薄膜など柔らかい材料のことです。水中でもくっつく接着剤、人工関節や人工血管で使えるような生体適合性材料、指紋や汚れがつきにくいコーティング材料など、一見地味かもしれないけれど日常生活を支える大切な材料を創り出す研究に取り組んでいます。


主な研究
テーマ
リビング重合法に基づく高分子の精密設計
新規水溶性ポリマーの合成とその低摩擦特性
低環境負荷型接着材料の開発
生物模倣に基づく材料開発
キーワード 高分子合成 / 親水性ポリマー / バイオミメティクス / 接着 / 摩擦

研究室紹介動画

研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

先進工学部の研究室