フォトニクス研究室

情報化社会の快適のため光と電子を理解し応用する

指導教員:本田 徹 教授

情報化社会をより快適にするディスプレイなどの表示装置や光ディスクなどの記録装置の性能向上には新規半導体光素子の開発が欠かせません。特に青色・紫外発光素子(LEDなど)に注目した開発研究を行っています。「どうしたら電気エネルギーがうまく光に代わるのだろう?」と日夜考えています。半導体結晶では、10万個に1個の原子を他の原子に入れ替えることで物性が大きく変わります。宇宙空間のような「真空」と「オーロラ」を利用して半導体を製作する研究をしています。


主な研究
テーマ
集積化青色・紫外発光素子の開発
青色・紫外半導体レーザーの開発研究
環境に優しい半導体材料の研究
キーワード 半導体 / ディスプレイ / 通信光源 / 表面物理 / 真空

先進工学部の研究室