次世代社会基盤を担う可視光デバイスの結晶成長と製作

指導教員:山口 智広 教授

原子レベルで周期的に並ぶ半導体結晶を製作している間、電子線やX線による結晶での回折などの物理現象をモニタリングすることにより、どのようにしたら量子効果が発現される高品質結晶が実現できるかを探索しています。また、照明やディスプレイに加え、可視光通信(Li-Fi)や可視光給電(OWPT)などの次世代社会基盤を担うことが期待される多機能可視光デバイスの材料として、このようにして得られた結晶を活用できるかを検証しています。


主な研究
テーマ
結晶成長技術の開拓と高度化
結晶成長メカニズムの解明
可視光通信・給電デバイスの製作
キーワード 結晶成長 / 化合物半導体 / 可視光通信(Li-Fi) / 光無線給電(OWPT)

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

先進工学部の研究室