脳に学んだ知的情報処理で生活を豊かに

指導教員:金丸 隆志 教授

人間は脳によって視覚・聴覚・運動などに関わるさまざまな情報処理を行っています。私達は脳に学んだ知的情報処理を探求するニューラルネットワークの研究を行っています。脳の情報処理の仕組みを探る理論的な研究と、それを活かした応用研究とを両立させることを目指しています。近年は、人間のジェスチャーで操作するロボットの開発や、リカレントニューラルネットワークによる歩行者の移動軌跡の予測などを行いました。


主な研究
テーマ
脳に学んだ知的情報処理
人物認識やジェスチャー認識の応用
歩行者の移動軌跡予測
キーワード ニューラルネットワーク / 人物認識 / ジェスチャー認識 / ロボット
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

先進工学部の研究室

トップへ