ものづくり・ひとづくり・ことづくりから、安全・安心のまちづくりを実践

指導教員:村上 正浩 教授

安全で安心してくらせる「まち」にしていくには、「まち」が持つ弱点を見つけ、改善していくことが必要です。本研究室では、都心業務市街地や木造密集市街地など色々な地域において、「まち」の弱点を改善するため、災害に強い建築やまちをつくる「ものづくり」、まちづくりを担う人を育てる「ひとづくり」、イベントや講習会などを通じてまちづくりを支援する「ことづくり」から、安全で安心してくらせるまちづくりを実践しています。まちづくりを効果的に進めるためのシステム開発も行っており、まちづくりに関する知識の他、ICTに関連する知識も学ぶことができます。


主な研究
テーマ
大都市の震災対策・エリア防災対策
災害対応力を高めるための教育訓練手法
ICT/IoT活用による防災・減災
キーワード まちづくり / 安全・安心 / ICT

建築学部の研究室