山下(哲郎)研究室

ドームから一般住宅まで、「強」と「美」を追求

指導教員:山下 哲郎 教授

古代ローマ時代から建築の大切な要素といわれてきた「強・用・美」。建築構造学は、この「強」を担当し、地震や台風の多い日本で建築の安全に貢献。さらに構造は建築の形を決めるため、「美」の実現にも重要な役割を担ってきました。この建築構造学に、リサイクル可能な鉄骨(鋼材)を使った「綱構造」からアプローチ。綱構造は超高層ビルやドームなどの大型建造物から学校体育館、住宅まで幅広く用いられ、「強」と「美」に優れた建築を実現します。耐震シミュレーションや実験なども行いながら、今後の綱構造建築のあり方を研究しています。
   
 
主な研究
テーマ
耐震性とデザイン性に優れた鋼構造の研究
大空間構造の耐震性
振動台を使った非構造部材の耐震実験
キーワード ドーム構造 / 鉄骨格子構造 / 長周期振動台

研究室紹介動画

建築学部の研究室