建築構造 山下(哲郎)研究室

大空間の建築を支える、強靭で美しい構造を追求する

指導教員:山下 哲郎 教授

 ドームや体育館など、柱のない大空間の建築を支える構造を「空間構造」と呼びます。 
空間構造では骨組が露出し、建築デザイン上重要な役割を果たします。従って構造には安全性に加えて美しさも必要になります。また建設費や建設時に排出するCO2の削減には、構造を可能な限り軽くつくることも重要です。その一方で、大空間施設は災害時に避難所になることが多く、大地震でも壊れる訳にはいきません。
山下研究室では、軽く、強靭で美しい空間構造を実現するための研究を行っています。
   
 
主な研究
テーマ
ラチスシェル構造の座屈崩壊
体育館の耐震性
天井や設備など非構造材の耐震性
キーワード ドーム構造 / 鉄骨格子構造 / 長周期振動台

研究室紹介動画

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

建築学部の研究室

トップへ