快適な建築環境の創造

指導教員:野部 達夫 教授

建築は人間を包み込む物理的なシェルターですが、自然科学と社会・人文科学の接点に存在するものであり、それが建築の難しさとおもしろさになっています。そのため、どのようなテーマから建築を見据えるときも、単に数値的な答えを求めるのではなく、人間を原点とした一つの哲学として捉える必要があります。こうした発想に基づき、気候風土や社会にふさわしいシンプルで美しい次世代の建築と設備システムの創造を目標に、理論構築から具現化まで、幅広い研究活動を展開しています。


主な研究
テーマ
次世代空調システムの研究開発
空調設計論
ヒューマン・クールチェアの研究開発
キーワード 快適環境 / サステナブル建築 / 空調システムデザイン

建築学部の研究室