環境の名のもとに何でもやってしまう

指導教員:富樫 英介 准教授

環境という言葉は、何かを取り囲む存在を意味していて、環境学とは、これらの相互影響を理解・評価・操作しようとする学問です。従って建築環境学の対象は、人間を取り囲む衣服、椅子、室、建築、都市、と拡がり続け、とどのつまり、何でもありとなります。また、それらの関係性も、エネルギーなどの物理量で捉えるべきか、はたまた人間の心理量で捉えるべきか、答えは無いと思います。幸せなことに、建築環境学は自由にすべてを相手にできる分野です。最近の私の興味の対象は、建築エネルギーと不動産価値、人間行動のモデル化、建築環境史、計測装置の開発、などです。
 
    
主な研究
テーマ
建築エネルギー性能と不動産価値
建築熱環境エミュレータの開発
建築環境史 など
キーワード シミュレーション / 熱環境 / エネルギー / 人間行動
研究室ホームページはこちら

建築学部の研究室