福祉住環境デザイン 筧研究室

施設の利用者の立場から医療福祉施設を考える

指導教員:筧 淳夫 教授

病院や高齢者施設を対象として、患者、高齢者、子どもなどの施設を利用する人たちや、医師、看護師、介護士などの働いている人たちにとって、快適性や安全性を保ちながら使いやすい建物を建てるための空間づくりについて研究を実施しています。また空間の面積、部屋の配置などが患者さんの治療に及ぼす影響を調べることにより、治療装置として捉えたときの空間のしつらえ方についても研究を行っています。施設の利用者と勤務者の両面から考えた施設のあり方を考える研究です。

 
主な研究
テーマ
医療・福祉施設の安全性に関する研究
施設環境と治療効果に関する研究
ヘルスケア施設のマネジメントに関する研究
キーワード 病院 / 高齢者施設 / 建築計画 / 快適性 / 効率性 / 安全性
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

建築学部の研究室