人々が快適に楽しくくらすことのできるまちをめざして

指導教員:野澤 康 教授

私たちがくらす都市・まちをより快適なものへ改善していくことは、現代の問題であるだけではなく、未来に生きる私たちの子孫のためにも重要なテーマです。少子高齢化、人口減少がさらに進むこれからの都市・まちを、さまざまな視点から考え、提案・発信するのが私たちの研究室の活動の中心です。積極的にまちに出て、まちの様子や人を観察し、感じ取り、多様な視点から考え、夢のあるまちの将来像を提案します。まちの人々と一緒に活動する機会もあり、より実践的に学ぶことができます。
  
 
主な研究
テーマ
地方都市の居住の将来像を提案
歴史・文化を生かすまちの再生手法
既成市街地のデザイン誘導手法 など
キーワード 住環境 / 既成市街地 / 被災地 / 再生・活性化 / 規制・誘導 / デザイン
研究室ホームページはこちら

建築学部の研究室