環境生態学の視点からまちのランドスケープを探る

指導教員:篠沢 健太 教授

住宅の庭や建物周囲の広場、公園などの身近な場所から、空間を幅広く扱います。デザインはきれい、カッコいい印象があるかもしれませんが、ランドスケープデザインは必ずしも個人の好き嫌いだけでは決まりません。本研究室では環境生態学の視点から場所の個性、立地の潜在的能力(ポテンシャル)や、まちの特徴を読み解き、その土地にあった技術や知識を用いて、市民と一緒に問題解決に取り組んでいくデザインを提案・実践していきます。
  
 
主な研究
テーマ
公園・広場など、まちの公共空間の計画・設計
生物多様性の保全・管理などに関わるランドスケープデザイン
キーワード ランドスケープデザイン / 広場・公園・緑地 / エコロジカルなまちづくり
研究室ホームページはこちら

建築学部の研究室