ライブ会場にいるような臨場感の高い音を創りだそう

指導教員:中島 弘史 教授

音を扱う研究を幅広く行っています。近年では、ASMR、イヤホン、3D音響、音場可視化が主なテーマです。他にも、音楽、楽器、DTM、PA音響、ハイレゾ、音のシミュレーション、音響栽培、バイノーラル録音、トランスオーラル再生、アクテイブノイズ制御などを研究しています。
研究テーマは分野を限定せず、そのときの社会的あるいは個人的なニーズに基づいて決めています。興味のある方は、気軽に研究室をお訪ねください。


主な研究
テーマ
臨場感の高い3D音場の収録と再生
スピーカやイヤホンの高音質化
ミックスやマスタリングの自動化
キーワード ASMR/イヤホン/3D音響/DTM
PA音響/音楽/楽器/能動騒音制御

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

情報学部の研究室

トップへ