材料の可能性を追求し、機械の安全を確保する

指導教員:立野 昌義 教授

既存の材料はもちろん表面処理や機械加工を施した新素材に関する力学的な性質を詳細に理解し、材料の持つ可能性と限界を明らかにすることを試みます。さらに新素材と既存の材料とを接合することにより、強くて新しい機能を持つ異材接合体の開発にも取り組むなど、信頼性の高い材料の創製にも挑戦しています。得られた成果は未来の機械や構造物全般の設計・製作並びに耐久性などの安全性を確保するうえでの基盤技術となり、電子デバイスや航空宇宙などの工学領域への応用が期待できます。
 
 
主な研究
テーマ
信頼性高い異材接合体の開発
電子デバイスの信頼性評価
単結晶シリコンの破壊靱性評価
キーワード 安全 / 設計 / 強さ
研究室ホームページはこちら

工学部の研究室