高分子材料研究室

機械材料としての高分子材料

指導教員:西谷 要介 教授

高分子材料(プラスチック・ゴム)のリサイクルや複合材料について研究しています。高分子材料は、身の回りの生活用品をはじめ、自動車などの工業製品はもちろんのこと、先端分野である航空機や宇宙機器などに多く使用されています。近年では、地球環境や資源問題への対応から新たな高分子材料の開発が望まれており、研究室では「機械工学ならではのアプローチ(ものづくり、評価、機械への応用)」による研究開発を進め、環境にやさしく次世代に対応した材料をつくり出しています。 
 
 
主な研究
テーマ
CFRPを用いたトライボマテリアルの開発
リサイクル材料の高性能化
高次構造を制御した新規表面材料の創出
キーワード 複合材料 / ポリマーアロイ / 機械的性質 / 成形加工
研究室ホームページはこちら

工学部の研究室