マイクロシステム研究室

昆虫に学ぶマイクロシステム/マイクロ・ナノ加工技術

指導教員:鈴木 健司 教授 / 宋 小奇 助教

情報、医療、バイオなどの分野で飛躍的な発展が期待されているマイクロロボットやマイクロマシン。こうした研究を最先端の加工設備を利用して行っています。マイクロロボットの設計には、微小生物である昆虫の優れた能力を参考にして、小さいことを活かす構造や機能を採り入れています。また、マイクロマシンの実現に資するものづくりを目指して、マイクロ・ナノスケールの高精度な加工技術の提案、加工現象やトライボロジー現象のメカニズム解明などの研究も行っています。
 
 
主な研究
テーマ
昆虫規範型マイクロロボットの研究
新たな加工技術の提案と加工原理の解明
加工時のトライボロジー現象の解明
キーワード マイクロロボット / 機能表面 / 加工技術 / トライボロジー / 可視化
研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

工学部の研究室