人類の仲間として社会で活躍する人型や小型のロボット研究

指導教員:髙信 英明 教授

少子高齢社会を迎え、ロボットは、社会の運営に必要な作業を人間に代わって行う存在として注目されています。こうした背景から、ロボットの研究は超小型のマイクロマシン型も人型も、世界中で大きな期待を寄せられています。その期待に応えるため、ここでは、小型ヒューマノイド・ロボットによる人間らしい動作の研究、マイクロマシンへの展開を視野に入れた小型機械の研究、患者ロボットの研究などに取り組んでいます。この研究を通して、ロボットの基礎と応用とともに、広い視野と実行力を身につけることをめざします。
 
 
主な研究
テーマ
二足歩行で自律動作が可能な人型ヒューマノイド・ロボット
群知能システム
患者ロボット
キーワード ロボット / 知能 / システム
研究室ホームページはこちら

工学部の研究室