ヒューマンインタフェース研究室

人間とロボットとのインタフェースを開発する

指導教員:見崎 大悟 准教授

顕微鏡下での授精作業や被災地の救援活動などの複雑な操作を人間がロボットを操作して行う場合、より直感的にロボットを直接操作できるシステムが必要となります。ヒューマインタフェースは機械(ロボット)と人間が協調して目標を達成するために必要とされており、21世紀のロボット社会において重要な技術の一つです。本研究室では画像処理技術やCGによるインタフェースを用いて、マイクロロボット、レスキューロボット、作業支援システムなどの開発について研究を行っています。
 
 
主な研究
テーマ
顕微作業支援システムに関する研究
小型レスキューロボットに関する研究
設計チームにおけるデザイン思考に関する研究
キーワード 画像処理 / ロボット / 拡張現実 / 作業支援 / 協調作業 / デザイン思考
研究室ホームページはこちら

工学部の研究室