電気鉄道システム研究室

理想の交通システムを研究し、時代が求める理想の技術者になる

指導教員:高木 亮 教授

パワーエレクトロニクス(電力変換と制御技術)、情報通信技術、蓄エネルギーシステムなどを組み合わせ、現代社会を支える電気利用交通システムの抜本的な改善をめざす研究を進めています。この研究に携わることで、電気工学の基礎はもちろん、大規模シミュレーションといったコンピュータ利用の素養も身につきます。また、地球環境問題との関連、技術や応用事例の国際比較などにより、広い視点で世界を眺めることもできるようになります。こうして社会の要請に幅広く応えられる「足腰の強い」技術者としての基礎力が身につけられます。
  
 
主な研究
テーマ
交通システムの評価論
蓄エネルギーシステムとその応用
饋電システムと列車運転の最適化
キーワード 電気鉄道 / 交通システム最適化 / 省エネルギー

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

工学部の研究室

トップへ