制御システム研究室

高性能高効率の制御で生産効率向上、環境保全に貢献する

指導教員:黄 慶九 准教授

ロボットと自動車を研究対象として、電気と機械の動特性に応じる自然エネルギー及びバーチャル力学を提唱し、位置制御だけではなく、環境適応性を持つ力制御、インピーダンス制御、画像認識、ビジュアルサーボ制御を重視し、いままでの適応制御、ロバスト制御、最適制御、またファジー制御、 ニューラルネットワーク制御などの知的制御の理論を充実するような研究を行います。それらの研究を通じて、産業分野の生産効率の向上、環境保全、 高齢化社会向けの安全や安心を支える技術の創出をめざしています。


主な研究
テーマ
ACサーボモータのインバータ回路と位置・速度・電流・トルクの制御
6足歩行ロボットとロボットアームの機構、運動学、動力学、運動制御
自動車の走行制御・電気自動車のインバータ制御
キーワード 電気モータの位置決め制御 / 多関節ロボットの運動制御 / 制御理論の研究
研究室ホームページはこちら

工学部の研究室